メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

招き猫体操?!座ったまま『手首ストレッチ』が意外と効果的!

「手首ストレッチ」肩こり改善・転倒予防

9月29日は「招き猫の日」。
招き猫のような簡単ポーズでも、関節を動かすことで血行を良くすることが期待できます!

簡単!手首ストレッチ

手首回し
1.手を軽くグーににぎります。
2.にぎったまま手首をクルクルと回します。
3.内回し・外回しの両方をやってみましょう。

手つぼみ体操
1.ひじを伸ばして両手を前に出します。
2.手の指をつぼめ、5本の指の指先をくっつけます。
3.指先をくっつけてつぼめたまま、手首を上下に動かします。

「手首ストレッチ」簡単だけどこんな効果が!

手首と肩は筋膜でつながっています。
手首の動きが悪くなると、腕や肩の筋肉の血行が悪くなり、肩こりの原因に。
仕事やスマートフォンの使い過ぎで、知らない間に手首の動きが悪くなっていることがあるので、時々手首を動かしてあげましょう。

手首を動かすようにしただけで肩こりが改善した、ということもありますよ。

また、高齢になると関節の可動域がせまくなり、だんだん動きにくくなってしまいます。
椅子に座ったまま、横になったままなど自分のできる範囲で動かすだけの「手首ストレッチ」は、高齢者の方にもおすすめ。

手首や足首、首といった関節は、ゆっくり回すだけで血行が良くなります。
ゆっくり無理のない範囲で手首を動かすようにしましょう。

手首をストレッチして動かしておくと、万が一転倒した時でも体を支えることができ、骨折予防になりますよ。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー