> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 【新型コロナ】介護従事者「慰労金」の申請方法まとめ

要注目!介護の最新事情

【新型コロナ】介護従事者「慰労金」の申請方法まとめ

2020年8月18日

現在、介護士として働いている人はもちろん、介護事業所・介護施設で働いた実績のある人は、「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金」申請の対象となります。自己都合で退職した人、会社が倒産・廃業してしまった人でも、個人で申請すれば大丈夫!

慰労金の申請方法は?

●現在、介護事業所・介護施設で働いている人
⇒勤務先の介護サービス事業所・介護施設に、「代理受領委任状」を提出します。

●すでに退職している人
⇒「以前の勤務先に申請する」もしくは「以前の勤務先がある都道府県に直接申請する」のどちらかです。

以前の勤務先に申請する場合は、「代理受領委任状」を以前の勤務先に提出します。

都道府県に直接申請する場合は、各都道府県で提出書類や申請方法が異なります。ホームページなどで必ず確認するようにしましょう。

※勤務期間を証明するために、事業所や施設、法人などから証明を取得する必要があります。

●働いていた事業所・施設が廃業・倒産などでなくなってしまった人
⇒個人で都道府県に申請手続きをします。

※勤務期間を証明するために、事業所や施設、法人などから証明を取得する必要があります。

慰労金申請のための申請書類は?

「代理受領委任状」は、厚生労働省ホームページの『「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業」について』のページから、ダウンロードできます。

「介護事業所・施設等申請マニュアル」の中にある「様式4 代理受領委任状」に必要事項を記入し、勤務先に提出します。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 【新型コロナ】介護従事者「慰労金」の申請方法まとめ