> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証

要注目!介護の最新事情

新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証

2020年10月22日

布マスク・サージカルマスクが、新型コロナウイルスの拡散抑制に効果あり

布マスク・サージカルマスクが、新型コロナウイルスの拡散抑制に効果あり、という実験結果が発表されました。
自分自身の感染を防ぐことはもちろん、周囲の人にウイルスを飛ばしてしまうことも防げることが、実際のウイルスを使った実験で確認できたそうです。

実際の新型コロナウイルスで、飛沫拡散量を計測

東京大学医科学研究所の研究グループが、実際の新型コロナウイルスとマネキンを使用して、息の中のウイルスがマスクを通過するかどうかを検証。
布マスク・サージカルマスク・N95マスクで、ウイルス飛沫を飛ばす量も、ウイルス飛沫を吸い込む量も、マスクによって減らすことができると発表されました。

この実験で使われたサージカルマスクは、市販の不織布性のサージカルマスクで、2本のひもを結ぶタイプとのことです(typical double-strap tie masks)。

マスクで抑制できるウイルスは何%?

発表によると、2体のマネキンのうち、空気を吸い込む側にマスクを付けると、布マスクで17%、サージカルマスクで47%、ウイルスを吸い込む量が減ったとのこと。

空気を吸い込む側のマネキンがマスクをしていなくても、飛沫を出す側にマスクを付けると、布マスクで76%、サージカルマスクで73%、ウイルスを吸い込む量が減ったということです。

もちろんこれは実験室内での結果なので、人同士の会話や呼吸にそのまま当てはまらないかもしれませんが、「マスクをすること」に本当に意味があると証明されたことになるのではないでしょうか。

介護現場では、利用者さんとの接近が必要になり、感染症対策は以前から万全に対策していたかと思います。
介護士がマスクをきちんとすることで、利用者さんにウイルスが飛ぶのを防ぐことができるとわかれば、少し安心できますね。

「自分は大丈夫だから」と過信せず、できる対策をすることで、自分や自分の家族、周囲の人を守れるようにしたいですね。

 
 

◇合わせて読みたい◇

加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!「乾燥で飛沫が拡散」理化学研究所

そういえば「コロナ・インフル予防に手洗い」なぜ?洗うとウイルスが死ぬの?

マスクで顔がたるむ?!簡単・表情筋トレーニングで笑顔美人に!

 
 

新型コロナ関連ニュース
日本への入国「コロナウイルス検査不要」に 感染対策はまだ気が抜けない!

新型コロナ「微増傾向」 介護現場にも引き続き警戒を呼びかけ 厚労省助言委

給付金15万円を追加?新型コロナ経済対策『要望書』、実際の内容は?

新型コロナとインフルエンザ 同時流行にどう備える?

新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証

加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!「乾燥で飛沫が拡散」理化学研究所

 
 
おすすめ情報

訪問介護(ホームヘルパー)の仕事内容とは?
1日のスケジュール、平均給料、仕事のメリット・デメリットをご紹介。気になる疑問にも答えます!

デイサービスでの介護士の仕事内容とは?
人気の職場「デイサービス」での仕事内容をご紹介。1日の流れは?平均給料は?どんな人が向いている?

有料老人ホームでの介護士の仕事内容とは?
有料老人ホームの種類や業務内容、他の介護施設との違いなど、有料老人ホームの仕事をご紹介!

グループホームでの介護士の仕事内容とは?
日勤・夜勤の仕事の違いや平均給料、仕事内容をご紹介!グループホームならではの仕事のメリットは?

 

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証