> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 「エイジフレンドリー補助金」申請期限延長!コロナ対策も対象、高齢労働者の負担軽減対策を支援

要注目!介護の最新事情

「エイジフレンドリー補助金」申請期限延長!コロナ対策も対象、高齢労働者の負担軽減対策を支援

2020年10月26日

「エイジフレンドリー補助金」の申請期限が延長!

60歳以上の従業員がいる中小企業が対象の「エイジフレンドリー補助金」の申請期限が延長になりました。
介護・福祉関連の法人も対象となる「エイジフレンドリー補助金」について、申請方法や補助金対象になる取り組みなどをチェックしましょう!

「エイジフレンドリー補助金」ってどんな制度?

「エイジフレンドリー補助金」とは、60歳以上の労働者がいる中小企業に補助金が支払われる制度です。

対象となる業種は、医療・福祉のほか、小売業、飲食店、サービス業、卸売業、製造業、建設業など。

介護業界の場合、
・法人全体の労働者数が100人以下もしくは資本金が5,000万円以下
・60歳以上の労働者を常時1名以上雇用していること

にあてはまる法人が対象です。

申請期限は、11月13日(金)まで。
高齢労働者が安全に働くための、職場設備の改善や新型コロナウイルス感染対策、安全衛生教育などにかかった費用について、かかった費用の2分の1が補助金として交付されます。

介護業界ではこんな取り組みが対象!

高齢労働者の身体的負担を軽減するもの、新型コロナ対策として接触機会を少なくするものが、エイジフレンドリー補助金の対象です。

具体的には、自動浴槽やリフトの設置、スライディングシートの購入、部屋の段差を解消する工事、高齢労働者向けの研修会の実施など、高齢労働者が働きやすくするための対策が対象となります。

注意!「申請後」にかかった費用が補助金対象です!

エイジフレンドリー補助金は、申請・交付決定後に行った対策について、補助金が支払われます。申請の手順に注意しましょう。

■「エイジフレンドリー補助金」交付の流れ

申請
日本労働安全衛生コンサルタント会のホームページから申請書類をダウンロードし、申請します。(申請期限:11月13日)

審査・通知
審査後に、交付決定通知が送付されます。

対策の実施

請求
補助金の交付が決定したあとに行った対策について、「実施報告書」と「精算払請求書」を日本労働安全衛生コンサルタント会に提出します。(提出期限:2021年2月12日)

補助金振り込み
 
 

◇合わせて読みたい◇

ダブルワークの年末調整「2か所から用紙をもらった」そんな時どうする?

給付金15万円を追加?新型コロナ経済対策『要望書』、実際の内容は?

「休業支援金」申請期限が延長!新型コロナで働けない労働者を救済

 

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 「エイジフレンドリー補助金」申請期限延長!コロナ対策も対象、高齢労働者の負担軽減対策を支援