メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

春の交通安全運動スタート!「自転車」規則は守れていますか?

4月6日から「春の全国交通安全運動」が始まりました。
毎年、春と秋に実施される交通安全運動。今年の春のポイントは「高齢者」「子ども」「自転車」「歩行者」です。

今年の「春の全国交通安全運動」がスタート

今年も「春の全国交通安全運動」が始まりました。
4月は新年度。新生活が始まる人が多い季節です。
交通事故を防ぐために、私たち1人1人の意識から変えていきましょう!

令和3年「春の全国交通安全運動」

■期間
2021年4月6日(火)~4月15日(木)

■全国重点
(1)子どもと高齢者をはじめとする歩行者の安全確保
(2)自転車の安全利用の推進
(3)歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

上記の全国重点のほか、各都道府県で重点が示されている地域もあります。
・二輪車の交通事故防止(東京都・神奈川県)
・飲酒運転の根絶・防止(千葉県・北海道・福岡県)
・横断歩道における歩行者優先の徹底(埼玉県)
・信号遵守の徹底(大阪府)
など、各地域の状況に合わせた重点が設定されているので、ぜひお住いの地域の課題を確認してみましょう。

(参考:内閣府「令和3年春の全国交通安全運動推進要綱」)

自転車の交通規則の基礎を確認!

たくさんの人が交通手段として利用している「自転車」。
手軽で便利な乗り物ですが、交通規則を守らないと事故につながってしまいます。

自転車の交通規則の基礎を確認しておきましょう!

・自転車は「車道」を通行する
・自転車は「左側」を通行する
自転車は、軽車両です。道路を走るときは、原則として車と同じように車道を左側に寄って走らなければいけません。

・歩道を通行するときは「歩行者優先」!
やむを得ず自転車で歩道を通行するときや、自転車通行可の標識が出ている歩道では、歩行者優先で走りましょう。その時は、車道側を通行するようにします。

・「ながらスマホ」は絶対ダメ!
自転車は片手運転が禁止されています。
それに、スマートフォンや携帯電話を操作しながら通行すると、とっさの時に反応が遅くなり重大な事故につながることも。
「ながらスマホ」は絶対にやめましょう。

・酒気帯び運転は罰則あり
自転車も軽車両であるため、酒気帯び運転には罰則があります。
お酒を飲んだら自転車に乗ることもやめましょう。

4月は交通事故が多い?!

4月は新社会人や新入生が増える季節。
不慣れな環境での通勤・通学時の交通事故が増えるといわれています。

また、暖かくなってきて外出の機会が増えることからも、歩行者の交通事故の危険性は高まります。

1人1人が安全に気を付けて、事故は未然に防ぎましょう。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー