介護職・ヘルパー
高齢者
介護施設
新型コロナウイルス

2022年01月26日

介護職も濃厚接触での待機期間中に条件付きで勤務可能に?全国で検討へ

介護職も濃厚接触での待機期間中に条件付きで勤務可能に?全国で検討へ

新型コロナウイルスのオミクロン株感染が拡大し、無症状陽性者の増加が問題となっています。
コロナ感染者が増える中、介護現場での人手不足を助長しないため、介護従事者は医療従事者と同様、濃厚接触者でも条件付きで勤務可能とすることが検討されていることがわかりました。


今年1月、医療従事者については「ワクチンを2回接種後、14日が経過していること」「無症状であること」「業務前に毎日、抗原検査で陰性を確認すること」を条件に、新型コロナウイルス感染の濃厚接触者となっても勤務可能とする方針が示されました。

参考:厚生労働省「医療従事者である濃厚接触者に対する外出自粛要請への対応について」(令和3年8月13日(令和4年1月18日一部改正)事務連絡)

一方で、新規感染者の増加が顕著にみられた沖縄県で限定的に、介護従事者についても「ワクチンを2回接種後、14日が経過していること」「無症状であること」「業務前に毎日、抗原検査で陰性を確認すること」「事業所に感染対策・スタッフの健康状態の確認をする体制が整っていること」を条件に、濃厚接触者となっても勤務可能とする通知が出されています。

参考:厚生労働省「介護従事者である濃厚接触者に対する外出自粛要請への対応について」(令和4年1月21日 事務連絡)

介護従事者が自宅待機などで出勤できない期間が増えると、利用者は必要不可欠な介護サービスが受けられず、生活に影響が出てしまいます。

今後、全国でも、濃厚接触者となった介護従事者が条件付きで勤務できるよう、検討を進めていく方針であることが厚生労働大臣の会見で明らかになりました。

オミクロン株の潜伏期間を鑑みて待機期間が決定されているため、今後の感染状況や変異株の登場により厚生労働省での対応も変わってくるものと考えられます。

厚生労働大臣は、『社会的機能を維持していくこと』が必要としつつも、感染リスクについての客観的エビデンスをもとに、濃厚接触者の取り扱いについて慎重に検討していくとしています。


 

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る