メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

履歴書に印鑑は必要ですか? 押印欄あり/なし、どっちの履歴書を使うべき?<履歴書Q&A>

履歴書に印鑑は必要ですか? 押印欄あり/なし、どっちの履歴書を使うべき?<履歴書の疑問>

買ってきた履歴書に押印欄がないけど、このまま使って大丈夫…?
欄がなくても印鑑は押すべきか、押印が必要な場面、履歴書の印鑑はシャチハタでもOKか、など履歴書の印鑑に関する疑問を詳しく解説します!

履歴書の疑問「履歴書に印鑑は必要?」

採用担当者から履歴書を提出するように指示されたので、履歴書を購入したのですが、袋を開けて見てみると押印の欄がないことに気が付きました。履歴書には押印の欄があるものと思っていたのでしっかり見ていませんでした。
押印欄のない履歴書は公式なものとして認められないのでしょうか?また、押印のない履歴書を提出したらマイナスの評価につながってしまうのでしょうか?

答え「履歴書に押印は必須ではありません」

1997年に政府が決定した「押印見直しガイドライン」により、「押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする」というルールができたため、履歴書に押印することは義務ではなくなりました

そのため、履歴書は必ずしも押印は必要ありません。

ただし、履歴書の書式によっては押印欄があるものもあります。押印欄がある履歴書を使う場合は空欄にせず、押印しましょう。

押印欄のある履歴書・ない履歴書、どっちを使うべき?

履歴書には押印欄がない書式と押印欄がある書式があります。

押印見直しガイドライン発出以降、押印が義務でなくなったため、押印欄を廃止する履歴書が増えました。押印欄の有り無し、どちらの書式を使っても転職活動に影響はありません。

メール添付で履歴書を送信する場合にも、採用担当から指定がなければ、あえて電子印鑑を使う必要はありません。

押印欄に印鑑を押し忘れた!このまま提出して大丈夫?

押印欄の有無で採用が左右されることはありませんが、押印欄のある履歴書に押印しないで提出することは避けましょう。

採用担当者から見たら、「押印欄があるのに押印し忘れている」と受け取られ、注意力が欠けていると判断される可能性があるからです。押印しないつもりでいるのであれば、はじめから押印欄のない履歴書を選びましょう。

押印欄がないときは氏名欄に

押印欄のない履歴書に押印する必要があるときは、氏名の欄の中に捺印します。
あえて線を引いて押印欄を作る必要はありません。

履歴書の氏名欄で、名前を書いたその右側のスペースに捺印するようにしましょう。氏名の文字と印影(押したあと)が重ならないように、文字と少し距離を離して印鑑を押すことをおすすめします。

こんな時どうする?履歴書に捺印が必要な場合

履歴書の押印欄の有無に関わらず、押印が必要な場合もあります。
具体的には以下のようなケースがあります。

1.採用担当者から押印した履歴書の提出を求められた場合
押印のある履歴書で提出してください、と採用担当者に求められた場合は、押印欄のある履歴書を購入(もしくはプリントアウト)し、捺印して提出しましょう。

2.企業の募集要項に押印必須と書いてある場合
企業の募集要項の応募書類として、「履歴書(押印必須)」と記載してある場合があります。この場合も押印欄のある履歴書に捺印して提出しましょう。

3.企業が指定した履歴書のフォーマットに押印欄がある場合
企業から履歴書のフォーマットを指定される場合もあります。そのフォーマットに押印欄があるなら、履歴書に印鑑が必要という意味になります。指示通り押印して提出しましょう。

以上の例のように、印鑑の捺印が指示されている場合は、指示された通りに必ず押印された履歴書を提出しましょう。

履歴書への捺印はシャチハタでOK?

履歴書への捺印にシャチハタを使うことはできるのでしょうか。

シャチハタは印鑑ではなく、スタンプです。そのため、押印の欄にシャチハタを使うことは不適切です。

シャチハタは印鑑と違い、印影が時間とともに薄くなることや、水に濡れるとにじむという特徴を持っています。公的文書や重要書類にはシャチハタを使わないことが一般的です。

普段履歴書を見慣れている採用担当者から見れば、シャチハタかどうかは一目でわかってしまいます。

銀行印や実印を使うと、個人情報流出や悪用のリスクがあります。履歴書の押印欄には認印(みとめいん)を使うことが推奨されています。

認印の書体やサイズなどに決まりはありませんが、文字がはっきりと読み取れるものを使うことが望ましいとされています。
一般的な名字であれば、100円均一ショップなどでも購入することはできますが、文具店や印鑑専門店などで販売されているものの方が見栄えが良いため、長く使うことを考えて認印を1本購入することをおすすめします。

まとめ

履歴書には必ずしも印鑑を押す必要はありません。
押印欄のない履歴書が増えたこともあり、履歴書に押印する機会は少なくなっていくでしょう。

ただし、履歴書に押印欄がある場合や、企業側から押印を求められた場合には、押印した履歴書を提出しましょう。

押印する際には、慎重に印影がきれいに映るように注意しましょう。
履歴書を書き終えた後、捺印でミスをした場合、また最初から履歴書を書き直すことになります。捺印ミスによる書き直しを防ぐために、先に履歴書に印鑑を押してから書き始めるといいでしょう。
押印の必要がある場合は丁寧に押すことを心がけましょう。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
みんなの転職期間や理想の転職先の見つけ方を参考に、あなたにぴったりの転職活動を始めよう!
■ 履歴書の書き方
履歴書の書き方がすべてわかる!履歴書用紙の無料ダウンロードあり♪
■ 職務経歴書の書き方
資格、職歴、業務内容…項目ごとに記入例あり!職務経歴書の作り方がイチからわかります。
■ 自己PR 例文集
性格タイプ・資格・年代など、ケース別に100種類以上の自己PR文を用意しました!
■ 志望動機 例文集
志望動機でアピール!100種類以上の志望動機例文で、自分にぴったりの志望動機文が作れます。
■ 面接対策
よくある面接質問と回答例、面接準備や当日の注意点をまとめました。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー