メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

履歴書に書ける資格は何級から?資格・免許の正しい書き方<新卒・就活ノウハウ>

履歴書・エントリーシートに書く資格や免許も、立派なアピールポイント!
でも、どう書けば好感を持ってもらえるのでしょうか?
ここでは、履歴書への資格の書き方や、履歴書に書ける資格や免許の種類、正式名称までをお伝えします。

基本ルール1:取得順に古いほうから新しいほうへ書く

資格や免許をどう書くかは、意外に悩むものです。
JIS規格の履歴書の場合は、学歴、職歴の次に「免許・資格」とタイトルがあるので、その下に書いていきます。

資格や免許が複数あるときは、取得順に書きます。

語学検定、ビジネス系検定など種類で分けたくなりますが、履歴書の原則は、学歴でも職歴でも資格でも、
「年号の古いほうから新しいほうへ順番に書いていく」
が原則です。
これを頭に入れておきましょう。

基本ルール2:正式名称で書く

履歴書やエントリーシートに資格や免許を書くときは正式名称で書きましょう

普段人に話すときには「運転免許」「英検」「FP」などと言いますが、これらはすべて略称です。

たとえば、「英検」は「実用英語検定」です。
自分の取得している免許や資格をすべてリスト化し、正式名称をメモしておくと、履歴書を書くごとにいちいち調べなくてすみます。

履歴書・エントリーシートに書ける資格・免許の正式名称一覧

一般的な資格や免許について、履歴書やエントリーシートに記入するときの正式名称を一覧で紹介します。

詳細な種類のあるものは、自身が持っている免許や資格を示す免許状や資格証明書類を一度確認して、そのとおりに記しましょう。

■普通自動車免許
⇒普通自動車第一種運転免許 取得
■教員免許
⇒教育職員免許状 取得
(内容が細かく分かれているので、自身の免許状で確認。有効期間10年)
■英検
⇒実用英語技能検定 ●級 合格
(記入するのは概ね2級以上)
■TOEIC
⇒TOEIC公開テスト ●●点
(記入するのは概ね600点以上)
■漢検
⇒日本漢字能力検定 ●級 合格
(記入するのは概ね2級以上)
■簿記
⇒日本商工会議所簿記検定 ●級 合格
(記入するのは概ね2級以上)
⇒全国経理教育協会簿記能力検定 ●級 合格
(記入するのは概ね1級以上)
⇒全国商業高等学校簿記実務検定 ●級 合格
(記入するのは概ね1級以上)
■秘書検定
⇒秘書検定 ●級 合格
(記入するのは概ね2級以上)
■MOS
⇒Microsoft Office Specialist
(Microsoft Office Specialist PowerPoint 365&2019 取得など取得内容を記載する)
■FP
⇒ファイナンシャル・プランニング ●級 合格
(記入するのは概ね2級以上)
■宅建
⇒宅地建物取引士登録(登録済)など
■介護福祉士
⇒介護福祉士資格 取得
■ケアマネ
⇒介護支援専門員 試験合格
⇒介護支援専門員 資格取得(研修終了後)
■社会福祉主事
⇒社会福祉主事任用資格 取得

「英検4級」はOK?履歴書に書いていいレベルって?

履歴書に書く資格は、なんでも書けばいいというものではありません。

例えば、ファイナンシャル・プランナーは1級から3級までありますが、3級は比較的取得しやすいもの。
2級以上なら記載する、というのが暗黙の原則のようになっています。

一般に英語力の場合は、英検なら2級以上、TOEICなら600点以上と言われます。
英語を仕事に使うとなれば、英検2級、TOEIC605点程度では「レベルが低い」と思われてしまいます。

しかし、介護士など、外国語を日常的に使用しない職種であれば、準2級や500点台後半でも、「英語を勉強しているのだな」と応募先に思ってもらえる可能性はあります。

なお、TOEICは取得から2年以内の点数を書くのが原則です。

応募職種・業種と関係ない資格を書くのはOK?

履歴書を書くとき、たとえば介護職への応募であれば、介護・福祉・医療関連の資格を書くことはマストです。

しかし、TOEICの点数が800点以上ある、日商簿記1級を取得しているなど、その他の資格で突出したものがあれば、免許・資格欄に書くのもよいでしょう。

介護の現場で働くだけでなく、将来的に幹部候補になるかもしれない、という期待感を持ってもらえる可能性があります。

ただし、1日ですぐ取得できるような民間資格などをズラズラ書くのはかえってマイナスな印象になるので要注意。
仕事の現場で資格がどう生きてくるのかイメージしづらいものは、資格欄ではなく趣味欄や自己PRで書くようにしましょう。

資格がないときは「特になし」でもよい

履歴書には虚偽(ウソ)は認められません。

特に資格や免許を持っていない、というときには、
「特になし」
と書けばよいのです。

あせって1日で取得できるような資格を取って書くようなことは、必要ありません。
資格はなくても、真面目に情熱を持って仕事に取り組む姿勢が見えれば、合格につながります。

「免許・資格」はとにかく正確に、間違いなく書くこと!

たくさん資格を持っていれば、書けばよいですが、そうでなくても、楷書でていねいに書くことが大事です。

そして、正確に書くこと。

自分の持っている資格をもう一度確認し、名称やランクを正確に書くように心がけましょう。
 
 

 

就活生、必見!「就活成功ガイド」

〈履歴書・エントリーシート作成〉

■ 履歴書の書き方マニュアル
■ 学校指定の履歴書と市販の履歴書、どっちが有利?
■ 履歴書の第一印象が決まる!証明写真の背景・表情・姿勢・服装を徹底解説!
■ 履歴書の年齢はいつの年齢?「満何歳」の数え方・計算方法
■ 履歴書に書ける資格は何級から?資格・免許の正しい書き方
■ 履歴書「学歴」の正しい書き方
■ アルバイトは職歴?履歴書の正しい書き方とアピール方法
■ 履歴書「趣味・特技」で自己アピール
■ しまった!履歴書に書き間違い…。修正して提出しても大丈夫?

〈応募の疑問・マナー〉

■ 履歴書の封筒の基本マナー!
■ 履歴書の郵送に必要な切手代は?
■ 履歴書を持参するときも封筒は必要?
■ 失敗しない履歴書の送付状・添え状の書き方!<無料テンプレート付き>
■ 履歴書をメールで送る方法とマナー

〈志望動機・自己PR〉

■ 差がつく!履歴書の志望動機【例文8選】
■ 差がつく!履歴書の自己PR【例文8選】
■ アルバイト経験で自己PRが書ける!履歴書・ES・面接でのアピールのコツ

〈面接対策〉

■ 就活面接 よくある質問9選!回答例と答え方のコツを教えます
■ 面接には何分前に到着するべき?
■ 第一印象は10秒で決まる!面接で好印象の挨拶マナー
■ 面接に遅刻しそうなときの正しい対応法&連絡内容の例文
■ 面接中の『目線』、もう迷わない!緊張しないコツは?

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー