資格
介護職・ヘルパー
ケアマネジャー
給与
介護支援専門員

2022年02月24日

ケアマネジャー(介護支援専門員)の平均給与は?他の資格との差や勤続年数で徹底比較!

介護職におけるスキルアップの資格として人気なケアマネジャー(介護支援専門員)。実際、取得したら給与はどのくらいもらえるのでしょうか。

雇用形態ごとの平均額はもちろん、勤続年数との関係性や気になる他職種との違いも併せて解説していきます。資格取得や転職を考え中の方はぜひ参考にご覧ください。


≫まずケアマネジャーの仕事内容を詳しく知りたい方はこちら≪
 

ケアマネジャー(介護支援専門員)の平均給与

令和2年度の「介護従事者処遇状況等調査結果」によると、ケアマネジャーとして常勤している人の平均給与は357,850円(基本給216,780円)でした。前年からは10,390円増えており、一昨年から前年の差額である7,550円と比較すると、増加額自体も増していることが分かります。
一方、非常勤の平均給与は282,390円(基本給184,550円)。常勤者との間に差はありますが、前年からの増加額は26,070円と、他の職種と比較してもかなり大幅な増加傾向にあります。

(出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」)

パート・アルバイトのケアマネジャー(介護支援専門員)の平均給与

同じく令和2年度のデータによると、パート・アルバイトとして常勤勤務している人の平均時給は1,260円、平均月給は262,500円でした。
一方、パート・アルバイトで非常勤勤務のケアマネジャーの平均時給は1,380円、平均月給は143,960円で、常勤者よりも120円時給が高くなっています。

(出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」)

 

【勤続年数別】ケアマネジャー(介護支援専門員)の平均給与

勤続年数 平均給与額
※所定内のみ
平均年間賞与等額

0年

253,300円 370,400円

1~4年

242,200円 480,900円

5~9年

258,700円 672,100円

10~14年

278,100円 740,300円

15年以上

284,800円 768,800円

(出典:厚生労働省「令和2年度賃金構造基本統計調査」)


ケアマネジャーの給与は、勤続年数とともに上がる傾向にあります。

多くの利用者さんと接し、それぞれに合ったプランを考えるケアマネジャーの仕事では、経験年数により仕事の質が上がること・任される件数が増えることが、給与額の増加の理由となっていると考えられます。また、5年目、10年目を過ぎると、資格を取得したり役職に就くことで手当てが追加される人も多いようです。

【サービス種類別】ケアマネジャー(介護支援専門員)の平均給与

サービス種類 平均給与額
(正社員)
平均給与額
(パート・アルバイト)
介護老人福祉施設 411,830円 161,760円
介護老人保健施設 395,950円 214,210円
特定施設入居者生活介護事業所
(有料老人ホームなど)
377,170円 150,020円
介護医療院 373,270円 -(データなし)
通所リハビリテーション事業所 359,140円 -(データなし)
小規模多機能型居宅介護事業所 355,090円 147,760円
認知症対応型共同生活介護事業所
(グループホーム)
349,740円 142,530円
訪問介護事業所 340,800円 107,070円
通所介護事業所(デイサービス) 338,380円 117,030円

(出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」)


正社員のみで比較すると、給与額が一番高いのは介護老人福祉施設(411,830円)、一番低いのは通所介護事業所(338,380円)です。
基本的に給与額の差は業務量や業務幅に比例しており、介護業務も行うことがある施設ケアマネジャーの方が、居宅ケアマネジャーよりも高額になる傾向があります。施設ケアマネジャーの中でも、通所型より入居型の施設で給与額が高くなる傾向があることから、夜勤の有無や利用者さんと接する時間の長さに比例していることも分かるでしょう。

 

他の介護資格とケアマネジャー(介護支援専門員)の給与比較

職種(保有資格) 平均給与額
(正社員)
平均給与額
(パート・アルバイト)

介護支援専門員(ケアマネジャー)

368,030円 130,050円

介護福祉士

329,250円 125,690円

社会福祉士

353,020円 128,940円

実務者研修

303,230円 120,650円

介護職員初任者研修

301,210円 106,130円

無資格

275,920円 107,520円

(出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」)


「介護保険制度の要」とも呼ばれ、介護に関する深く幅広い知識はもちろん、分析力やコミュニケーション能力も必要とされるケアマネジャーは、ほかの介護資格と比較して、かなり高い給与額であることが分かります。介護士からのキャリアアップを目指す上で、目標にしたい資格といえるでしょう。

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)の給与の今後の展望

 

ケアマネジャー 常勤者の平均給与の遷移

(出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」)


ケアマネジャーの給与は年々増加傾向にあります。
2019年から運用開始された「介護職員等特定処遇改善加算」では、技能を持った介護職員に対する処遇改善のための仕組みができました。基本的に介護職の給与アップを目的としていますが、加算額は介護職以外の職種にも配分することが可能です。そのため、ケアマネジャーの給与アップのために加算額を配分している介護施設も見られます。

また、2021年度の介護報酬改定では、基本報酬が引き上げられたほか、ICTを取り入れた居宅介護支援事業所において、基本報酬の決定に影響する1人当たりの担当件数の上限が40件未満から45件まで拡大されました。

高齢化社会の中で、このように国を挙げての取り組みは今後も続くことが考えられ、ケアマネジャーの処遇改善もより進んでいくことが期待されています。

ケアマネジャー(介護支援相談員)の給与を上げる方法

介護職の中では比較的、給与の高いケアマネジャーですが、さらに給与アップを目指すにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは、少しでも給与を上げるための方法について解説していきます。

主任介護支援専門員の資格を取得する

主任介護支援専門員は、施設内のケアマネジャーをまとめる役割を担うための資格です。
各都道府県が実施している研修を受講することによって取得できる資格で、ケアマネジャーとして通算5年以上の経験があれば受講することができます。仕事の幅が増えるだけでなく、施設にも主任ケアマネを配置することによって取得できる加算があるので、給与アップや役職手当が期待できるでしょう。

管理職に就く

ケアマネジャーは施設の中心となる利用者さんの介護情報を扱う仕事です。仕事に対する姿勢や実績次第では、施設長や管理者などの管理職を任されることも。管理職に就くことで役職手当がもらえるので、その分、給与アップが見込めるでしょう。
勤務する施設によっては、資格や勤務年数などの要件が定められていることもあります。

同じ施設で働き続ける

ケアマネジャーの仕事は、利用者さんとの信頼関係やこれまでの経験が大きな意味を持ちます。同じ施設での経験年数が長いと、その分、ケアマネジャーとしての利用者さんからの信頼や行える仕事の幅も増えるので、給与アップが見込めるでしょう。

基本給の高い施設へ転職する

ケアマネジャーの給与相場は、施設の種類によってある程度決まっており、都道府県によっても偏りがあります。給与の相場が高い都道府県や、入居型の施設へ転職することで、給与アップが望めるでしょう。

介護職のキャリアアップで目指したいケアマネジャー!


ケアマネジャーの給与について、勤続年数やサービス種類、他の介護資格と比較しながら解説してきました。介護保険制度の要として、利用者さんと介護サービスを繋げるケアマネジャーは、ほかの介護職種よりも比較的、給与が高く、今後も給与アップが見込める職種といえるでしょう。
ただし、施設や地域ごとに給与は異なるので、給与アップを狙っているのであれば、より高い給与が見込める施設への転職もおすすめです。

介護求人ナビではケアマネジャーの求人を多数掲載しています。勤務地はもちろんのこと、サービス形態や就業形態でも絞り込みができるので、ケアマネジャーとして転職を考えている方はぜひお気軽にご利用ください。

ケアマネジャーの求人はこちら

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る