> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 介護業界ニュース > 介護職の慰労金、未届けホームは対象外 厚労省 Q&A第2版公表

介護業界ニュース

介護職の慰労金、未届けホームは対象外 厚労省 Q&A第2版公表

2020年8月4日

《 厚労省 》

新型コロナウイルスの流行を踏まえた介護事業所の支援策「緊急包括支援事業」について、厚生労働省は28日に公式サイトで、現場の質問に答えるQ&Aの第2版を公表した。【Joint編集部】

今月8日に出した第1版を更に充実させた内容。新たに書き加えた箇所を赤字で表記している。

例えば一律5万円、最大20万円の慰労金。厚労省は全てのサービスを対象としているが、今回の第2版には「未届けの有料老人ホームは対象外」と明記した。

緊急包括支援事業のQ&A等はこちらから

6月30日までの間に通算で10日以上働いていること、という条件にも言及。介護施設で5日、障害者施設で5日など、介護分野と福祉分野の勤務日数を合算することも可能との解釈を示した。

このほか、感染者・濃厚接触者が発生した施設へ応援に行った職員について、自施設に感染者などがいなくても20万円の対象になると説明。感染者・濃厚接触者に対応した病院の中にある併設事業所の職員も、20万円の対象になると記載した。
<介護のニュースサイト JOINT 2020.07.29>

新着ニュース一覧
 
東京都医師会、介護施設に“PCRカー”を派遣 迅速検査へmobileチーム創設
介護施設で新型コロナ。その時どうする?~医師が見た介護現場クラスターの現実~
豪雨・台風災害時に、高齢者を守れる介護施設/守れない介護施設の違いは?
高齢者が“自分らしく生きるための介護”につながる「自分史」とは?
経産省・NITE「新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法」最終報告
介護慰労金要件「10日以上勤務」「利用者との接触」職員 国保連通じ事業所に支給
介護現場への新型コロナ支援が決定!慰労金、サービス再開支援、感染症対策への補助も
自然災害や感染症など緊急事態下でも生き抜く会社・事業所になるために何をすべきか
介護施設・事業所のコロナ対策は「情報格差」が左右する?!
感染予防だけではない「オンライン」のメリット 場所を問わず参加、負担軽減にも

 

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 介護業界ニュース > 介護職の慰労金、未届けホームは対象外 厚労省 Q&A第2版公表