メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

履歴書の郵送に必要な切手代は?郵便の基礎知識とマナー

履歴書の郵送に必要な切手代は?郵便の基礎知識とマナー
履歴書を期限内に書き上げて郵送したのにもかかわらず、切手代が足りずに返送されてしまい、郵送期限に間に合わなくなってしまったら、これまでの努力が水の泡となってしまいます。

履歴書は相手にしっかりと届けることで、次のステップへと進むことができます。今回は履歴書の郵送に必要な知識とマナーについて紹介します。

履歴書を送る時の封筒のサイズは?

履歴書はA4サイズ(A3二つ折り)かB5サイズ(B4二つ折り)のどちらかになりますが、いずれの場合も二つ折りまでが基本でそれ以上に折って封筒に入れてはいけません。

履歴書をA4またはB5サイズより小さく折ってしまうと字に折り目がかかってしまい、読みづらくなってしまいます。

そのため、基本的にはA4用紙がそのまま入る封筒のサイズが理想。最も適した封筒のサイズは『角形2号』になります。ただし、応募書類が少なく、角形2号封筒がないという場合は角形A4号封筒でも構いません。

履歴書の郵便代はいくら?

郵便物の料金は基本的に郵便物の大きさと重さで決定されます。

履歴書の場合は、封筒のサイズが角形2号又は角形A4号になるので、ともに規格内の『定形外郵便』になります。

ただし、封筒の厚さが3cmを超える場合や重さが1kgを超える場合については「規格外」の定形外郵便として扱われます。

今回は一般的な履歴書の送付について、『規格内の定形外郵便』として料金などを紹介します。

■郵便料金表
規格内の定形外郵便における重さと値段の一覧
・重量50g以内 料金120円
・重量100g以内 料金140円
・重量150g以内 料金210円
・重量250g以内 料金250円
・重量500g以内 料金390円
・重量1kg以内 料金580円

●履歴書だけを送る時の切手代はいくら?
応募書類を郵送する場合、基本的に送付状と応募書類をクリアファイルに入れて郵送することがマナーとなります。

クリアファイルは1枚25gほど、角形2号封筒は1枚18gほど、A4用紙は1枚4gほどです。

『履歴書(A3)1枚+送付状+クリアファイル』は重さ約55gで、郵便料金の目安は140円です。

●履歴書と職務経歴書を送る時の切手代はいくら?
履歴書と職務経歴書の場合でも上記同様、送付状と一緒にクリアファイルに入れて郵送することが基本となります。

金額の目安は履歴書や職務経歴書の紙質や枚数にもよりますが、基本的には140円から210円になります。

A4用紙を送る枚数と切手代一覧

A4用紙を郵便で送るとき、枚数によってどのくらい郵便料金は変わるのでしょうか?

一般的な角形2号封筒(およそ18g)に入れる場合、切手代とA4用紙の枚数の目安は次の通りです。(※A4用紙1枚=約4gで計算)

●封筒に紙だけを入れる場合
・料金120円=50g以内=封筒+約8枚
・料金140円=100g以内=封筒+約20枚
・料金210円=150g以内=封筒+約33枚
・料金250円=250g以内=封筒+約58枚
・料金390円=500g以内=封筒+約120枚
・料金580円=1kg以内=封筒+約245枚

●紙をクリアファイルに入れて封筒に入れる場合
・料金120円=50g以内=封筒+クリアファイル+約2枚
・料金140円=100g以内=封筒+クリアファイル+約14枚
・料金210円=150g以内=封筒+クリアファイル+約26枚
・料金250円=250g以内=封筒+クリアファイル+約51枚
・料金390円=500g以内=封筒+クリアファイル+約114枚
・料金580円=1kg以内=封筒+クリアファイル+約239枚

なお、A4コピー用紙245枚の場合であっても厚みは3cmを下回るので、規格内の定形外郵便で送ることが可能です。

履歴書はレターパックで送ってもOK?

レターパックは封筒よりも頑丈で、多くの書類を送ることができる上に追跡機能もあることから履歴書の送付に最適に思われるかもしれませんが「履歴書は封筒に入れるもの」という考えが定着している会社も多くあるのでおすすめはしません。

履歴書用には白い封筒を使用することが一般社会で浸透しているので、白い封筒を使用する方が無難だといえます。

切手代の不足に注意!回避する方法は?

切手代の不足を回避する確実な方法は、直接郵便局へ持っていくことです。

あらかじめ封筒に切手を貼っていなくても、郵便局でサイズと重さを計測して切手代を計算してくれます。

もちろん、封筒に切手を貼っていても郵便局の窓口に出せば郵便局員が確認のため計測してくれますので、その場で切手代が不足しているかどうかも分かります。

学生や転職活動中の方で、平日は授業や仕事などで郵便局に行けない場合は、日本郵政グループのホームページで全ての郵便局の営業日時等が検索できますので、土日でも営業している郵便局(主に地域の中核となる郵便局)を探して持ち込むようにしましょう。

切手の正しい貼り方は?

切手を貼る位置については、「郵便物(荷札を含みます)の表面の左上部(横に長いものなら右上部)」と定められています。
履歴書送付の場合は縦長の封筒を使用するので、切手は左上部に貼ることになります。
封筒の書き方例

さらに、切手を貼る位置についても、縦長の郵便物は左から3.5cm・上から7.0cm、横長の郵便物は右から7.0cm・上から3.5cmと決められています。
(参考:日本郵便株式会社「内国郵便約款」)

切手の枚数については特段の指定はありませんが、たくさん貼ってあると「余っている切手を寄せ集めたのではないか」と相手が不快に思うこともあるので、切手の枚数は必要最小限度にするとよいでしょう。

なお、内国郵便約款の切手を貼れる範囲に従うと、切手は3枚までが限度となります。

複数枚の切手を貼るときは、縦長の場合は縦に並べて、金額の高い切手を上に、低い切手を下に貼ります。

切手の柄については、通常の切手でも記念切手でも構いませんが、記念切手でも履歴書の送付にふさわしくない派手なものは避け、簡素で目立たないものにしましょう。

なお、過去に慶事用切手で履歴書を送ってきてくれた応募者の方がいましたが、用途が異なりますので使用しないようにしましょう。

まとめ

履歴書が入った封筒は採用担当者が最初に見るものになります。そのため、履歴書が会社に到達した段階からすでに選考は始まっていると考えるとよいでしょう。

特に郵送業務がある職種の場合は、切手の貼る位置が違うだけでも採用担当者に悪い印象を与えてしまうことがあります。

郵送は社会常識の基本中の基本です。履歴書を一生懸命書くことに必死になってしまい、郵送で詰めが甘い対応とならないように最後まで気を引き締めていきましょう。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー