【転職失敗事例】「介護事務の仕事内容、ちょっと誤解してました…」編 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「介護事務の仕事内容、ちょっと誤解してました…」編

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画119★利用者さんは衣替えに大忙し!介護職なら手助けすべき?
2017年10月10日

人気記事ランキング

「転職先選び」 私の失敗談

【転職失敗事例】「介護事務の仕事内容、ちょっと誤解してました…」編

2016年8月23日

介護報酬の請求業務などを行う介護事務のお仕事。デスクワークと思っていたけど、転職先の実情はちょっと違っていて…。
今回は、介護事務に転職した先輩の失敗談を、介護求人ナビ編集部からのアドバイス付きでご紹介。せっかくの転職を失敗に終わらせないためにも、ぜひ参考にしてください!

《事例1》介護事務での採用なのに、現場を手伝ってと言われて悩んでます

135歳/女性/こずえ

介護施設の事務職として勤め始めて8か月。せっかく通信講座で介護保険のことを勉強して転職したのに、介護報酬請求業務以外の雑用が多くて、ちょっとがっかり。しかも最近、介護スタッフが辞めたこともあり、施設長から現場を手伝ってと言われてしまって…。今は、掃除や調理などの生活援助のサポートもしています。ケアの仕事がしたくて就職したわけではないし、どうしたらいいか悩んでいます。

《アドバイス》
介護事務の重要な仕事といえば、介護報酬請求業務(レセプト作成)です。しかし、介護報酬請求業務だけが介護事務の仕事ではありません。たとえば、ケアマネジャーの補佐的な業務も主な仕事のひとつ。ほかにも、窓口業務や電話応対をはじめ、労務管理や経理、施設の備品類の管理・発注、連携機関への連絡、提出書類の作成など、幅広い業務があります。

さらに職場によっては、事務系の仕事以外に、現場の仕事を手伝うケースも多いようです。応募職種が「介護事務」だから、デスクワークだけだと決めつけてはいけません。実は、介護事務がどのような業務を担うかは、施設の規模や人員状況、事業者の考え方次第で異なります。事務系の仕事に専念できるところもありますが、もともと、“介護事務と現場の介護業務の兼任”、として募集している事業者もあります。

あなたは思っていた仕事内容と違った、と感じているようですね。今後その状況がずっと続くのか、一時的なものかなど、この機会に施設の方針を確認してみてはどうでしょう?
もし今後も介護スタッフの人員不足が続き、介護補助が常態化するのなら、どこまで手伝うのかも確認しておくべきです。たとえば、「生活援助」といわれる食事作りや配膳、掃除、洗濯などを担当するのか、あるいは、食事の補助や着替え、おむつ交換といった「身体介護」の補助まで要求されるのか。「身体介護」をするには専門的なヘルパーの資格が必要です。資格がない人に身体介護の仕事をさせようとするのであれば、その事業者には問題がありそうです。

また仕事の範囲が「生活援助」までであったとしても、あなたが不満に感じているのであれば、事務以外の仕事についてどう考えるかを改めて自分に問い直してみてはいかがですか。この状態を続けるのが厳しいと考えるなら、施設長などに正直に今の自分の悩みを相談してみることをおすすめします。

ただ、介護事務の求人の多くは、介助の手伝いも含めたオールラウンドな業務を求められることが多いのが現実です。だとしたら、「介護事務なのに介助までするなんて…」とマイナス方向に考えず、介護業務に携わることをポジティブにとらえてみては? 介護事務の仕事を続けるうえで、現場を知ることはきっと役に立つはずですし、仕事の幅も広がるでしょう。

また、介護職の仕事は、介護事務以上にニーズがあります。正社員はもちろん、パートや派遣でもたくさんの募集があり、全国どこでも、何歳でもできる仕事。キャリアアップの道筋や、将来の安定性は介護事務以上です。この際、思い切って介護職員初任者研修の資格を取ってみる、といったチャレンジもアリかもしれません。プライベートでの家族の介護にもきっと役立つことでしょう。

それでも、自分がしたい仕事と、実際に求められる仕事がどうしてもマッチしないと考えるのなら、事務に専念できる施設などへの転職を検討してみるのが良いでしょう。その際は、応募前、あるいは面接の場で、介護事務の仕事内容の詳細をしっかり確認するようにしてください。

 

《事例2》繁忙期の残業が予想以上で、家庭との両立が難しくなってきました

241歳/女性/たえこ

主婦業の合間にできる仕事をしたいと思い、週4日勤務で、介護事務のパートを始めました。職場のスタッフはみないい人ばかりで、環境は快適です。ただ、問題は残業の多さ。事務のパートだから残業はほとんどないと思っていたのですが、実際は、介護報酬の請求業務で月末月初は多忙を極めます。残業だけでなく、予定外の出勤もあって、家族からはクレームが…。このまま続けられるかどうか、怪しくなってきました。

《アドバイス》
介護事務のメインの仕事は介護保険に関する手続きです。介護保険の集計は1か月単位なので、その後の介護報酬の請求や利用料の請求作業も含め、月末から翌月10日頃までの期間は大忙しです。これはどの事業所もほぼ同じです。

介護事業所にとって、売り上げに直接反映する作業なので、ミスは許されません。また、毎月10日という国が定めた締め切りもずらせません。ですから、介護事務の仕事と家庭をスムーズに両立させる場合は、月末月初に繁忙期があるという特性を、事前に家族に理解してもらった方がいいでしょう。

それを知らずに働き始めた場合は、家族の理解を得るのは大変かもしれません。しかし、工夫できることも多少あるのではないでしょうか?
たとえば、いつでもできる仕事は、忙しい月末と月初以外の時期にできるだけずらす、パート勤務を月末月初は週5日、中旬は週3日などに調整する、など。家族の了解が得られるのであれば、上司やケアマネジャーに実現可能かどうか相談してみることをおすすめします。

また、学校の行事などは変えられませんが、家族との外出・レジャーなどは、できるだけ月末月初は避け、中旬に集中させてはどうでしょうか。

そうした工夫をしても、どうしても家庭との両立が難しいようであれば、転職も選択肢のひとつ。その場合は、家庭の事情を考え、残業ができなくてもOKという職場を探すことになります。面接で、残業ができない理由をしっかり説明し、業務のスケジュールなどを確認しましょう。

残業なし、日中のパート勤務という条件で探すのであれば、介護事務にこだわらず、施設のパート介護職に転職するという道もあります。もし、今の職場が働きやすく自分に合っていると感じるならば、その職場内でパート介護職へ移動することを考えるのも手です。その場合は、施設長に職種変更を相談してみましょう。

 

この他にも、転職者の失敗談&アドバイスを、以下のページでご紹介しています!

今までと違うタイプの事業所に転職し、失敗したケース
転職先の同僚との人間関係に悩まされているケース
最近増えてきた「サービス付き高齢者向け住宅」に転職し戸惑うケース
履歴書の書き方で失敗したケース
面接の準備や勘違いで失敗したケース
職務経歴書で失敗したケース

ほかにも多数の失敗談があります。すべて見たい方はこちらをどうぞ。
→こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 一覧ページ
→履歴書・職務経歴書・面接・…「転職活動」の失敗談 一覧ページ


履歴書や面接で必要になる「自分らしい志望動機・自己PR」の言葉。ぜひこちらを参考に!

→「志望動機」 例文集 一覧ページ
→「自己PR」例文集 一覧ページ

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 「転職先選び」 私の失敗談 > 【転職失敗事例】「介護事務の仕事内容、ちょっと誤解してました…」編