特養の面接では、残業時間・残業代をよく確認した~転職体験Kさん4 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 特養の面接では、残業時間・残業代をよく確認した~転職体験Kさん4

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

特養の面接では、残業時間・残業代をよく確認した~転職体験Kさん4

2018年3月14日

◆居宅介護支援事業所(正社員/ケアマネジャー) → 特別養護老人ホーム(正職員/ユニットリーダー)

K・Fさん(女性・54歳)
●居宅介護支援事業所(勤務期間:5年/年収約320万円・介護支援専門員手当あり)
●特別養護老人ホーム(勤務期間:10カ月/年収約320万円)

介護業界でのその他経験:訪問介護(パート/介護職/1年)、デイサービス(パート/介護職/7年/年収約200万円)、宿泊つき小規模デイサービス(正社員/生活相談員/2年/年収約300万円・介護福祉士手当あり)
保有資格:ヘルパー2級(現介護職員初任者研修)、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)
家族構成:夫(30歳、28歳の2人の娘は独立)

*K・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目、4回目(最終回)はこちら

【転職の条件】家から自転車で行けるオープニングの老人ホーム

居宅介護支援事業所のケアマネジャーをしていたときに、プライベートと仕事との区切りがつかないと思っていたので、まずは「仕事とプライベートを切り離す」ことが転職の一番の条件でした。

何時から何時まで、と勤務時間がきちんと決まっていて、仕事場を離れたら仕事のことを忘れられる環境がいい。

また、デイサービスや訪問介護など、在宅介護サービスの経験はあっても、老人ホームの経験がなかったので、まだ元気なうちに老人ホームで働いてみたいという気持ちも強くありました。
この2つの条件から、老人ホームへの転職を決意したのです。

ただ、家から自転車で行ける職場であるという条件だけは、はずしたくありませんでした。
夫と二人暮らしですが、仕事が終わったらすぐに家に帰って家事をしたい。近くで一人暮らしをしている実母も少しずつ体が弱ってきていて、ちょこちょこ顔を出したい。幸い80歳でまだ元気ですが、いつ介護が必要になるかわかりませんから。
そう考えると、家から遠いところは不便なのです。

もうひとつ条件がありました。それは、オープニングスタッフであることです。
できあがった組織に入るのは、なかなか大変です。オープニングなら、みんなが横一線。人間関係も作りやすいです。
時期を急ぐより、「家から自転車で行けるオープニングの老人ホームの募集」をじっくり探そうと思いました。

すると、転職活動を始めて1年弱くらいしたところで、家の近くに特別養護老人ホームが建つとの情報が。居宅のケアマネジャーには、こういう情報は早く入ってきます。
早速、連絡してみたところ、すぐに面接の日を決めてくれました。

 

【面接での注意点】自分の求める条件はよくたしかめる!

私にとっては、役職につけるかどうかより「残業が少ないこと」が大事。ケアマネジャーのときは、夜も仕事が頭を離れることがなかったですし、何時になっても残業をしているような感覚でした。
それなので、残業が少ないかどうかについては、面接のときによくたしかめました。

実際に働いてみたら、30~40分の残業はありますが、1時間以上残業することはないので、ほぼ希望通りかなと思っています。

これまでに働いていた勤務先では残業代が出なかったので、残業代が出るかどうかもきちんと確認しました。
30分単位で残業代が出るとの回答で、それも希望通りでした。

そのほか、給料の多さや福利厚生などは、あまり重要視しませんでした。
介護職はあまり多くの給料を望んでも難しいですし、労災や健康保険、年金など、基本的なことがクリアになっていれば、あまり細かいことは望むまい、と決めていました。

 

【介護の仕事のやりがい】利用者さんと話していると楽しい

事務職よりも、身体を動かす仕事の方が向いているな、というのはずっと感じていました。
パソコンの前に何時間も座っているより、現場でオムツ替えや食事介助をしながら、利用者さんと話しているほうがずっと楽しい。
認知症の方でも、若い頃の話や故郷の話などはよく覚えています。
昔話を聞いていると、その方の若い頃やその方の住んでいた地域が思い浮かび、温かい気持ちになりますね。

 

【転職してよかったこと】利用者さんの姿が24時間見られる

デイサービスで働いていたときには、昼間にデイサービスにいる利用者さんしか知りませんでした。

でも、特別養護老人ホームだと、利用者さんの24時間が見られます。
あの人は朝ニコニコして機嫌がいいけれど夕方ちょっと機嫌が悪くなる、あの人は明け方早く目が覚めてしまう、など、さまざまな面がわかり、利用者さんに親近感がわきます。
それに、利用者さん一人ひとりの心身の健康状態も把握しやすいです。

スタッフとのコミュニケーションがとりやすく、人間関係が良いのもうちの特養の特徴だと思います。
若いスタッフは私を立てて、率先して動いてくれますし、雨の日の外出では自前の傘を用意し、利用者さんが濡れないように気を使ってくれます。
若いスタッフのそんな姿を見るのもうれしいことです。

この特養のスタッフは気さくでみんな仲が良い、と利用者さんに思ってもらえるよう、雰囲気づくりを大切にしていきたいです。

 

【介護業界での働き方】今は現場が一番、でもこの先は自分次第

職場に不満はないのですが、不規則な勤務にいつまで身体がついていくのか不安な面もあります。早番、遅番、夜勤がごちゃまぜにあって、体内時計の調節が難しく感じるときも。

自分の体力や家族の状況などを考えて、現場の介護職以外の働き方をまた今後も考えてみるのもいいのではないかと思っています。
もしも、近くに住む実母に介護が必要になったら、決まった時間に出勤する現場の介護職より、仕事時間に自由がきくケアマネジャーのほうがいいかもしれないですしね。

たとえば、居宅介護のケアマネジャーは、自分の都合を加味して訪問のアポイントをとることができるので、比較的時間の自由がききます。
担当利用者さんの人数を多くしなければ、身体は今よりずっと楽になるかもしれません。

当分は今の仕事を頑張ろうと思いますが、無理をしすぎず、どこかの時点でまた働き方を考えてみるつもりです。
でも、それまでは、利用者さんに寄り添いながら、介護の仕事を頑張っていきたいと思います。
やはり、介護の仕事、介護の現場は楽しいのです。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

*K・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目、4回目(最終回)はこちら

●先輩たちの職場選びの失敗事例に学ぼう
→ 「こんなはずじゃなかった…」 転職先選び 私の失敗談

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 特養の面接では、残業時間・残業代をよく確認した~転職体験Kさん4