介護業界 面接時の注意点 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接時の注意点

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画111★夏至といえば?介護施設で盛り上がったある食べ物の話題
2017年6月20日

人気記事ランキング

介護業界 面接時の注意点

2016年12月25日

転職面接の質問介護業界の面接で好印象を与える面接の注意点を教えます!
面接前の準備から、当日の服装、面接会場 到着~退室の流れ、話し方のポイント、やってはいけないNG集など。

初めての人はもちろん、何度も転職を経験した人でも、面接は緊張してしまうもの。緊張のあまり思わぬ失敗をしないためには、事前の準備と心構えが重要です。
介護業界特有のポイントもあります。しっかりおさえて、自信を持って面接にのぞみましょう!

→ここで合否が決まるかも?面接に行く前の準備

→訪問から退室まで。面接の流れをチェック

→ここだけはおさえておきたい!面接成功のポイント

→やってはいけない!面接NG集

 

ここで合否が決まるかも?面接に行く前の準備

面接の前にしておくべきことや当日の持ち物、服装などの注意点をまとめました。
面接会場に行く前に、しっかり準備&確認しておきましょう。

面接当日に持っていくもの

●履歴書・職務経歴書などの提出書類
→面接当日に提出する書類は、汚れたり折れたりしないようにファイルや封筒に入れる
(事前に郵送している場合はコピーを持っていく)

●面接場所の住所・地図と電話番号
→面接時間に遅れるなどのトラブルがあった場合のために、連絡先も忘れずに。
なお、介護事業所や介護施設に面接に行く場合は、必ず事前にしっかり場所をチェックしてください。
駅や繁華街の中ではなく、住宅街の中にあることが多いので、見つかりにくい場合があります。
また、駅からバスを利用する距離にあることも。
道に迷う可能性や、バスなどがすぐこない可能性も考え、時間には余裕を持ちましょう。

●筆記用具・メモ用紙・印鑑
→使わないこともあるが念のため

面接時の身だしなみは「清潔感」が大切

面接の身だしなみで一番大切なことは、「清潔感」と「誠実さ」が伝わることです。
介護業界の場合はカジュアルな服装でOKという事業者も多いですが、担当者によっても考え方は異なります。スーツ着用が無難でしょう。
もちろん、カジュアル過ぎる服装(ジーンズやサンダル、露出度の高い服)はNG!
服にシミやしわがないか確認し、清潔感を心がけるようにしましょう。

● 女性の場合

女性転職面接の服装《髪型》
・ヘアゴムやピンなどでまとめて、すっきり清潔感のある印象に
・おじぎをしても髪が顔にかからないようにするとベスト
・明るすぎる髪色は、落ち着いた色に戻す

《メイク・アクセサリー》
・健康的なナチュラルメイクで。派手になりすぎないように注意
・派手なネイルや長過ぎる爪はNG(直接介護をする仕事であれば、仕事上、爪を短く切る必要があります)
・過度なアクセサリーは控える(結婚指輪はOK)

《服装》
・ダーク系のスーツがベスト。スーツ以外の場合は、落ち着いた色のジャケットを着用する
・スカートの場合は膝が隠れるくらいの丈、ストッキングは自然な肌色のものを
・ピンヒールやミュール、サンダルはNG
・介護施設や訪問介護事業所などの面接では、靴を脱いでスリッパなどに履き替えることが多い。靴下・ストッキングなどに穴がないかも注意

 

 

●男性の場合

男性転職面接の服装

《髪型》
寝ぐせやふけはNG。短髪ですっきり清潔感のある髪型がベスト
・明るすぎる髪色は、落ち着いた色に戻す

《顔》
ひげはきれいに剃ること。目やにがついていないか、鼻毛が出ていないかにも注意

《服装》
・ダーク系のスーツがベスト。スーツ以外の場合は、落ち着いた色のジャケットとボトムスを着用する
・ネクタイが曲がっていないかをチェック
・靴下はスーツに合わせたダーク系のものを。靴はきちんと磨いておく
・介護施設や訪問介護事業所などの面接では、靴を脱いでスリッパなどに履き替えることが多い。靴下に穴がないかも注意

 

 

 

履歴書・職務経歴書を、再度確認しておく

多くの場合、面接官は、あなたの提出書類をもとに質問をします。提出書類と面接でのあなたの答えがずれていると、「信用できない人」と思われてしまうかもしれません。自分がどんな内容を書いたのか、直前にしっかり確認しておきましょう。
なお、職務経歴書は提出を義務付けられていない場合もあります。しかし、アピールしたい経験・キャリアがある人は、持参することをおすすめします。

転職面接のマナー遅刻

時間厳守!やむを得ず遅れる時は必ず連絡を

当然ですが、遅刻は厳禁です。事前に面接時間や場所、交通機関、地図をチェックして、指定された時間の5〜10分くらい前に到着するようにしましょう。
電車が遅れたり、体調不良などでやむを得ず遅れる場合は、必ず連絡すること。どんな理由があっても、無断で遅刻したりドタキャンするのは、マナー違反です。

なお、早すぎるのもNGです。面接官が外出先から戻っていなかったり、面接用の部屋が空いていなかったりと、却って迷惑をかけてしまう場合もあります。10分以上前に着いた場合は、近くで少し時間を調整してから行きましょう。

 

訪問から退室まで。面接の流れをチェック

面接の流れと、それぞれのシーンごとのポイントやマナーを紹介します。
面接本番で緊張しすぎないように、シミュレーションしてみましょう。

転職面接のマナー受付

受付

受付で「○時から面接のお約束をいただいております○○です」と採用面接で訪問したことを伝えます。
受付がない場合は、入口で周囲の方に聞こえるように呼びかけを。
待合室などの別室に案内された場合は、案内に従って部屋で静かに待ってください。
時間があるからといって、携帯電話でメールしたり、本や雑誌を読むのはNG。
また、面接前には、携帯電話をマナーモードにしておくこともお忘れなく。

入室

面接室に入室してから席につくまでは、以下のの流れです。
1)軽くドアをノックし、「どうぞ」という入室許可が出てからドアを開けます。
2)入室の際は「失礼いたします」と声をかけます。
3)入室したら椅子の横まで歩き、面接官に「○○です。本日はよろしくお願いします」と言い、一礼します。
4)面接官に「おかけください」または「どうぞ」と声をかけられてから、「失礼します」と言って着席します。
5)手荷物は、自分の椅子のうしろか横に置きます。

面接中

面接中は背筋を伸ばし、笑顔ではきはきと答えましょう。
面接官の質問に対して、素早く答える必要はありません。あわてて的外れなことを言うよりも、落ち着いて、正確に答えることが大切です。
はっきりと大きな声で、相手の目を見ながら話すとあなたの熱意と誠意が伝わります。
きれいな言い回しで話す必要はありませんが、正しい敬語と丁寧な言葉づかいで話すことが大切です。

よくある面接質問 OK・NG回答例への回答

退室

面接終了から退室までの流れです。退室は面接の締めくくりですので、最後まで気をぬかないようにしましょう。

1)質疑応答が終わったら席の横に立ち、「本日はありがとうございました。よろしくお願いします」と言って一礼します。
2)ドアを開けたら面接官に振り返り、「失礼します」と軽く一礼します。
3)退室したらドアを静かに閉めます。

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

 

ここだけはおさえておきたい!面接成功のポイント

転職面接成功面接では、質問の答えだけではなく、話し方やしぐさ、立ち居振る舞いなどすべてが合否を左右します。
あなたの印象をアップする、面接成功のポイントを紹介します。

話し方一つで印象は大きく変わる

「はきはき話す」と言っても、なかなか難しいものです。まずは、大きな声で話すことと、語尾まではっきり話すことを意識しましょう。小さな声でぼそぼそと、語尾が消え入るような話し方では、自信がないように見えてしまいます。
正しい敬語を使うことは大切ですが、そればかり気にしてしまい、しどろもどろになっては逆効果です。丁寧な言葉づかいを心がければ、正しい敬語にこだわりすぎる必要はありません。

 

表情と態度があなたの印象を左右する

面接官の目を見て話すことは大切ですが、緊張のあまりにらみつけるような印象を与えてしまっては逆にマイナスです。介護の仕事には笑顔が不可欠ですから、できるだけ笑顔で、優しい表情で答えるようにしましょう。
また、緊張しているからといって、服のボタンやネクタイ、髪の毛を頻繁にいじったり、貧乏ゆすりをすると落ち着きがない人だと思われてしまいます。
面接中に足を組むのは言語道断。姿勢を整えて力を抜き、手は軽く膝におきましょう。

質問には「的確に」「簡潔に」答えること

面接官の質問に対して的外れなことを言ったり、要点をまとめられずにだらだらと話してしまうのはNG。例えば「自己紹介としてください」と言われたのに、自己紹介から脱線して待遇への要望まで、話しを広げてしまうことのないよう注意しましょう。
面接官は、あなたが質問を正しく理解し、的確に答えられているかどうかも評価しています。
落ち着いて的確に答えることができるよう、事前によくある質問の答えを考えておきましょう。

よくある面接質問 OK・NG回答例への回答

 

やってはいけない!面接NG集

気をつけて欲しいマナーや受け答えをまとめました。
うっかりマイナス評価をもらわないために、チェックしておきましょう。

面接の行き帰り

事業者の近くで面接する場合は、最寄り駅の近くに関係者がいるかもしれないことを意識しましょう。もしかすると採用担当者と会ってしまうこともあるかもしれません。面接会場を出たからといって、急に態度を変えるのはNGです。

なれなれしい態度

面接では、丁寧な言葉づかいや態度を心がけましょう。面接官が自分より年下だったり、フランクに話しかけられたからといって、くだけすぎた言葉づかいはNGです。社会人としてのマナーをお忘れなく。

ウソの経歴

自分をよく見せたい気持ちは分かりますが、ウソの経歴は絶対NGです。事実と違うことやごまかしは、面接官にわかりますし、採用取消しになることもあります。
転職面接マナーNG

過去の職場の悪口

どんなに不満のあった職場でも、悪口を言うのはNG!いつも不満を持っている人・後ろ向きな人だと思われてしまいます。面接の時は、ネガティブな言葉ではなく、ボジティブなイメージの言葉を使うようにしましょう。

給与や福利厚生ばかり質問する

面接官に質問はないかと聞かれた時、給料はいくらか?休日は多いか?夜勤は多いか?どんな福利厚生があるか?など条件面ばかり質問するのはNG。仕事のことよりも自分の権利ばかり気にする人だと思われてしまうかもしれません。仕事内容や自分が求められることなどと、バランスよく質問するようにしましょう。
 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

 

採用担当者は、面接で何をどう見ている?生の声を取材しました!

事業所の採用担当者は、応募者の面接での様子をどのように見ているのでしょう?
介護求人ナビ編集部が取材した採用担当者へのインタビューで、参考になる記事のリンクをご紹介します!

●日本エルダリーケアサービス 江川賢さん・岸美江さん
→人と会う上での最低限の身だしなみが整っていない方はNGですね。髪型や服装など、相手に不信感を抱かせない程度には…

●医療法人社団龍岡会総務部 橋本邦三郎さん
→月並みなことですが、やはり第一印象は大事だと思います。求職者から施設への第一印象、施設から求職者への第一印象…

●社会福祉法人 すこやか福祉会 中村寛史さん
→面接は実質20分ほどの短い時間。そのなかでお互いを知る必要があるのです。だから変に作ったりせずに、精一杯自分らしさ…

実際に面接した人の体験をチェック!

介護事業所で面接を受けた人が、面接で聞かれた質問などを、“事業所の実名入り”でレポート。
あなたがこれから面接する事業所も紹介されているかもしれません。ぜひ、チェックして!
介護求人ナビ 面接レポート

 

面接での、悔しい失敗談

人のふり見てわがふり直せ。
転職活動での、面接の失敗談事例で、参考になる記事のリンクをご紹介します!

●【転職失敗事例】 「聞いた話と違う!」編 vol.2…介護業界内での転職
→<事例4> 給与が求人票に記載されていた額よりも少ない <事例5> 「試用期間」が1年以上続いているので経済的につらい…

●【転職失敗事例】 「聞いた話と違う!」編 vol.1…介護業界内での転職
→<事例1> 面接では好印象だったけど、職場に行ってみたら… <事例2> 休日がしっかりとれる職場を選んだはずだったのに …

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接時の注意点