メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

本当に無資格で転職できる?掃除、配膳、送迎…今すぐできる「介護」の仕事があった!

介護への転職には、資格は必要?今からでも間に合う!転職に役立つ資格と無資格OKの仕事

世の中にはいろんな資格があります。そして、医者になるには医師免許、美容師になるには美容師の免許が必要です。

今、注目の介護の仕事をするには、資格は必要なのでしょうか?
転職を考えている人に、介護の仕事の資格と転職事情をご紹介します!

介護の仕事を始めるとき、資格はなくても大丈夫!

「介護業界で働きたい!」と思っているなら、資格がなくても大丈夫です。
まずは、その意欲が、介護業界で働くすばらしい資格のようなものです。

資格がなくてもできる仕事はたくさん

介護業界にはさまざまな仕事があります。
ですが、その入り口になる仕事には、資格が必要ない仕事がたくさんあります。
・利用者さんの部屋を整える。
・リビングや廊下まわりの清掃、壁の飾りつけをする。
・利用者さんの食事づくりのサポート、配膳や声掛けをし、下膳して食器を清潔にする。
・利用者さんの衣類などや、事業所のタオル類などを洗濯してそれぞれのお部屋に届ける。
・事業所のイベント企画やイベントの運営、飾り付けなどをする。
・利用者さんの送迎、家族への挨拶をする。
・利用者さんに関する事務系の仕事をする。
などなど、利用者さんの生活を支え、喜びを得て笑顔になっていただく仕事が、無資格でもできるのです。

身体に触れてケアをする仕事には資格がいる

一方、利用者さんの身体に触れる『身体介護』については、資格が必要です。

『身体介助』には以下のような仕事があてはまります(一例です)。
・入浴介助……利用者さんの服の着替え、体調管理、誘導、入浴のサポート。歩行が難しい方の場合は、リフトや寝たきりのまま入浴できる機械浴の操作などもこれにあたる。
・食事介助……手が不自由な方や認知症の方などに、スプーンなどを使って口に食事を運ぶ、飲み込みのよくない方を気遣いながらやわらかな食事を食べていただくなど。
・トイレ介助……歩行が不安定な方をフォローし、トイレ内での衣類の上げ下ろしなども手伝う。
・着替え介助……手足の不自由な方、認知症で衣類の脱ぎ着が苦手になっている方を手伝う。
・ベッドから車椅子への移乗など……歩行や起き上がりの不安定な方に移乗のサポートをする。

こうした身体介護をするには、介護職員初任者研修(かつてのヘルパー2級に相当)資格を得ることが必要です。

介護職員初任者研修は講義を受けて取得

「介護職員初任者研修」は、130時間(自宅学習40時間+スクーリング90時間)の所定のカリキュラムを受講し、最後に修了試験(70点以上で合格)を受けることで得られる資格です。

試験があるの!? しかも、70点取らないと不合格!?とひるむ人もいるかもしれませんが、しっかり授業を聞いて自分なりに理解をすれば、大丈夫。

資格取得のための機関や学校では、だれにでもわかるように授業をしてくれますから、安心していいでしょう。
もし不合格でも、筆記試験は再チャレンジができます。

介護職員初任者研修は、そもそも振り落とすことが目的ではなく、「できるだけ多くの人に介護の資格を取得してもらって、プロとして羽ばたいてほしい」という意味合いの資格なのです。

講義では、介護のノウハウをとてもわかりやすく教えてくれるので、とてもためになります。
利用者さんへの食事介助の方法や、車椅子への移乗の実際、寝たきりの人の着替えのしかたなどなど、「こうやってやるのか!」と目からうろこのことばかりです。

また、「認知症理解」を含めた講義でも、高齢の要介護の方の心理や身体のメカニズムがよくわかり、利用者さんに対して介護士がどのように向き合ったらいいのかの真髄を、理解することができます。

働いている介護事業所によっては、資格取得応援のためにさまざまな優遇をしてくれるところもあります。
また、資格取得のできる機関で就職前に受ける場合は、取得後の就職を案内してくれる、就職先によっては受講費の優遇をしてくれるところもあります。

「介護福祉士」資格で給料がグーンとアップ!

無資格で、安心して始められる介護士の仕事。
でも、資格があれば、一般的に年収が高くなります。

介護労働実態調査のデータによると、無資格の介護士の年収は平均268万円、介護職員初任者研修の資格を取得している人の年収は平均288万円です。
やはり、資格を取得している人のほうが、年収は高くなりますね。

さらに、国家資格の介護福祉士の資格を持つ人の年収は、平均326万円となります。
(参考:介護労働安定センター「令和元年度介護労働実態調査結果について」)

介護福祉士は初任者研修より給与が高い

また、長く勤続していれば、リーダー職などに就き、その役職手当の上乗せがある場合が多いです。
夜勤をすれば夜勤手当が給料にプラスされる場合もあります。

また、勤続10年を目安に、処遇改善といって、国からお金が出ることになっています。さまざまな条件がありますが、勤続10年で月給がプラス8万円というのが目安となっています。

介護福祉士の資格は実務者研修を受け、国家試験を受けて取得します。
また、ケアマネジャーの公的資格を持っていれば、ケアマネジャーとしての仕事ができるだけでなく、ここでもまた、給料アップが望めます。
資格を持ち、長く勤務すれば、給料はどんどん上がっていきます。

とにかく始めてみよう!そこからが給料アップのスタートライン

無資格未経験から一足飛びに介護福祉士の資格を得ることはできませんが、目指す先にはプロとして認められ、給料も上がる、という仕組みになっています。

だからこそ、資格がなくても、まずは現場に入って、勤続の年数を重ねていこう、という気持ちを持ってください。

始めてみて、働いているうちに勤続年数が重なり、資格を得ていく。
介護士とは、そんな形でプロになっていくのです。
 
 

 

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー