居宅介護支援事業所でのケアマネジャーの仕事内容~転職体験Rさん3 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 居宅介護支援事業所でのケアマネジャーの仕事内容~転職体験Rさん3

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

居宅介護支援事業所でのケアマネジャーの仕事内容~転職体験Rさん3

2018年4月4日

◆グループホーム(正社員/計画作成者&管理者) → 居宅介護支援事業所(契約社員/ケアマネジャー)

R・Uさん(女性・54歳)
●グループホーム(勤務期間:6カ月/介護支援専門員・管理者手当あり)
●居宅介護支援事業所(勤務期間:3年半/介護支援専門員手当あり)

介護業界でのその他経験:訪問介護(パート/介護職/1年半)、有料老人ホーム(正社員/介護職/3年)、病院(正職員/ケースワーカー/3年)、グループホーム(契約社員/計画作成者/2年)、介護老人保健施設(正社員/ケアマネジャー/1年半)
保有資格:ヘルパー2級(現介護職員初任者研修)、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)
家族構成:長男(高校3年生)、次男(高校1年生)

*R・Uさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目、3回目、4回目(最終回)はこちら

【居宅介護支援事業所での仕事】どんなに忙しくてもやりがいがある

居宅介護支援事業所で現在私が担当しているのは、要介護の方が29人、介護予防の方が14人で、計43人です。
忙しいですよ。毎日バタバタ走り回っています。
でも、利用者さんの困っていることを伺い、健康的に暮らしていただくのがケアマネの使命ですし、それがやりがいだと思っています。

介護予防の方は、本来は3カ月に1度の訪問でよいことになっていますが、気になって結局1カ月に1度は訪問してしまいます。
「そんなにやらなくていいのに」とも言われますが、やりたくてやっているので、私にとっては苦ではなくストレスもないですね。

グループホームに勤務していたときは、すべてホームの中でことがすみました。散歩に行くにしても、食事にしても、ホームの中にいる利用者さんたちに声をかければいいのです。
ですが、居宅介護のケアマネの場合は違います。できる限り一軒一軒を訪問して、一人ひとりきめ細かく対応してこそ、よい介護といえるのではないかと思っています。

 

【1カ月の仕事の流れ】1カ月を3分割して考える

ケアマネジャーは、月初めに書類をまとめて提出することになっているので、月初めは事務関連の業務で忙しいです。
書類を提出し終わるとホッとして、「さあ、みっちり訪問に行こう」となりますね。

月の半ば頃までは、できるだけたくさん利用者さん宅を訪問するスケジュールを組みます。
利用者さんと1時間ほどお話する中で、いろいろな課題が見えてきます。そのため、生活の場に足を踏み入れ同じ空気を吸うことは、とても大切だと思っています。

月の後半以降になると、要介護認定調査の立ち合い、ケアカンファレンスへの参加などが増えます。
特に、重い病気を持っている方、家族との折り合いが悪い方など、対応が難しいケースでは、じっくり時間をかけてカンファレンスすることが重要です。
日頃の訪問やこうした会議をもとに、ケアプランを立てていきます。

 

【1日の仕事の流れ】利用者さんのため、なるべくたくさん訪問したい

利用者さん宅を訪問して見えてきた課題をどう解決しようか、いつも悩みます。
すぐに解決して結果を出したほうがいいのか、じっくり時間をかけて過程を大事にしたほうがいいのか。
そのあたりをきめ細かくみて、「あなたに会えてよかった」と言っていただけるようになりたいですね。

訪問中心の月半ばの1日の流れを例に挙げて、仕事内容をお伝えします。

8:30~ 出社。6人いるケアマネジャーはそれぞれ自分の仕事をこなす。でも、ちょっとした相談もできる間柄。管理者の心の広さにもいつも助けられている。

9:00~ 1人目の訪問。夫婦で暮らし、利用者さんは認知症のある奥様。ご主人が90歳で腰痛があり、最近歩行が難しくなってきた。奥様とのふたり暮らしをどこまで継続できるかが難しいところ。ご主人の要介護認定調査の準備もしたいと思っているが、ご主人の意向を聞くのもこれからの課題。

10:30~ 一人暮らしの男性宅を訪問。行ってみたらドアはあくけれど、本人の気配なし。心配していると、買い物袋を下げた本人が外を歩いている。約束を忘れてしまったか……。
認知症が進んでいるのを感じる。火の元、戸締まりなども心配になり、防災、防犯対策を考え始めた。

11:45~ お昼前ギリギリだが、社会福祉協議会を訪ねる。お金の管理が難しくなりつつある利用者さんの管理をお願いできないかと、それとなく打診。気難しい利用者さんなので、何人かいる職員の中から頼りになる人にお願いしたいと思い、ひそかに根回し。

13:00~ 昼食後、近くにできたボランティア団体主催のカフェを訪ねる。介護予防の人たちが集まる場所にならないかと思っている。

13:45~ 膝があまりよくない利用者さんが、通院がつらいと言っていたので話を聞きにいく。移動支援のヘルパーさんにお願いするのも解決策のひとつだけれど、費用の面が気になっている様子。

15:30~ 事業所のすぐ近くの利用者さん宅へ。ご家族から小規模多機能型居宅介護の説明を求められた。要介護度が高くなってきたため、施設での介護の必要性を感じている様子。
小規模多機能型居宅介護を利用すると、利用する施設に勤務しているケアマネジャーに変更になることを伝えたら、考え込んでしまった。私ももう少し見守りたい利用者さん。ご家族と話し合いながら決めていきたい。

16:20~ ようやく事務所に戻る。事務作業をし、対応が難しいケースについて、先輩ケアマネジャーに相談してみる。的確なアドバイスをもらえて、とても心強く感じる。
なじみのヘルパーさんから報告や質問がいくつか上がってきていたので、質問に答えて利用者さんの様子をよく聞く。

18:00~ 定時は17時30分。少し残業をしてしまった。退社し、家路を急ぐ。家に帰れば食べ盛りの息子ふたりの食事づくり。次に受ける研修の課題のまとめもやっておきたい。

毎日があっという間に終わり、ひと月が終わると、「今月も無事になんとか終わった!」といつも安堵します。
いつもバタバタしていて、落ち着かないと思うのだけれど、こうして利用者さんのためにあわただしく動き、解決策につなげていくのが、ケアマネジャーの仕事なのだろうと思っています。

次回は、転職先を決めたときのポイントや、介護の仕事のやりがい、介護業界での目標などについて語っていただきます。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

*R・Uさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目、3回目、4回目(最終回)はこちら

 

●先輩たちの職場選びの失敗事例に学ぼう
→ 「こんなはずじゃなかった…」 転職先選び 私の失敗談

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 居宅介護支援事業所でのケアマネジャーの仕事内容~転職体験Rさん3