面接が完璧でも、事前連絡や書類で失敗!?~介護業界 面接の悩み | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接の悩み > 面接が完璧でも、事前連絡や書類で失敗!?~介護業界 面接の悩み

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

介護業界 面接の悩み

面接が完璧でも、事前連絡や書類で失敗!?~介護業界 面接の悩み

2019年3月10日

就職活動でもっとも重要なのが「面接」です。特に介護業界では、年齢や学歴より、人柄やコミュニュケーション力を重視します。実際、書類審査にはさほど重きをおかず、面接で採用・不採用を決める、という事業者が多数。
重視される面接だからこそ、気を付けるべきポイントは知っておきましょう!

1

<面接の悩み>
面接官はどんなところを見てる? 見落としがちなチェックポイントを教えて!

先日の面接は、しっかり自分の熱意やスキルをアピールでき、自分的には100点の出来でした。なのに不採用との連絡。どこか自分では気づかないところで、よくない点があったのでしょうか。面接の受け答え以外に、他にどういうところを気をつければいいですか?

 

 

応募のメールや問い合わせの電話もチェックポイント!

2面接は当日の受け答えだけ、と考えてはダメ。採用したい人かどうかのチェックは、面接前からすでに始まっているのです。

たとえば、応募のメールや問い合わせの電話。応募の段階ではまだ面接ではないからと、気を抜いていませんか? 電話やメールのマナーはもちろん、きちんとした敬語が使えているか、用件を的確に伝えるスキルがあるかなど、社会人としての力量をしっかりチェックされています。

メールや電話が、第一印象を左右することもあることを肝に銘じて! 電話を受けるのが面接官ではなくても、そのときの印象はしっかり面接官に伝達されている、と思ってください。

介護業界で重要視されるのは、コミュニケーション力。電話やメールはまさにコミュニケーションツール。そこでしっかり好印象を持ってもらうことはとても大切です。最後には「よろしくお願い致します」とつけ加えるなど、細かな気配りも忘れずに!

 

書類選考がない場合でも、提出書類の手を抜かない!

面接で直接会ったうえでの人柄を重視ということで、面接前に書類でのふるい落としを行わない事業所が多いのは事実。しかし、それは提出書類はどうでもいい、という意味ではけっしてありません。書類も大きなチェックポイントなのです。たかが書類一枚とあなどると失敗します。面接官はそこからあなたの熱意や本気度を読み取ります。

まず、履歴書や職務経歴書など、決められた書類を揃えて持参するのは社会人として当然のこと。そして、面接官は提出された書類を見て、丁寧に書いてあるかをチェックします。「じっくり見ることはないだろう」とタカをくくって、面接前にささっと書いて持参したような履歴書は、すぐにバレてしまいます。

応募先の会社名が微妙に間違っていたり、株式会社を(株)と略したり…というのはNG。職歴欄に書く前職の会社名も同様です。日付が空欄になっていたり、誤字脱字も印象が悪いので、書いたあとは必ず見直しましょう。

写真の貼り方も気をつけて。写真表面に糊がついてベタついていたり、曲がっていたりしていたら、「この人は仕事も雑なのかな」と受け取られかねません。スナップ写真やプリクラなど遊びで撮影した写真を履歴書に貼るのも、当然NG!

なお、字は上手で読みやすい方が印象はよいですが、丁寧であることがもっとも重要。字に自信がない人も安心して。自分のことを知ってもらいたいという気持ちで、丁寧に、きれいに書くことを心がければOKです。

提出する前に、自分が面接官になった気分で見直してみましょう。どうでしょうか? 本気度が伝わる履歴書に仕上がっていますか?

 

入口での挨拶から、面接としての緊張感を忘れずに

面接が行われる部屋に通されるまでの間も、チェックされていると考えましょう。面接官が見ていなくても、気を抜いてはダメです。

まずは建物に入っての挨拶から。しっかり名乗り、面接に来た旨を伝えましょう。他のスタッフへの態度も、チームの中で一緒に働く人材として適しているかどうかのチェックポイント。笑顔を忘れずに! また、施設の様子を確認したいからといって、無断であちこちの場所に入ったり、キョロキョロするのは控えて。もし施設を見学したいのであれば、ちゃんと申し出るようにしましょう。

施設のエントランスでは、利用者やご家族と顔を合わせることもあります。そんなとき、「まだ自分はここのスタッフじゃないから」と知らんぷりはNG。たとえスタッフではなくても、笑顔で会釈をしたり、挨拶をしたり、失礼のない態度で接するように注意しましょう。そうしたときの態度には、自然と、介護の仕事への思いが現れるもの。面接の場以外での言動が、実は採用の決め手になることだってあります。

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 介護業界 面接の悩み > 面接が完璧でも、事前連絡や書類で失敗!?~介護業界 面接の悩み