神経質、自信がない、疑り深い…【短所を長所に 介護職の自己PR】例文集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > ケース別「自己PR」例文集 > 神経質、自信がない、疑り深い…【短所を長所に 介護職の自己PR】例文集

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画117★新人時代の「介護職失敗あるある」選手権!
2017年9月12日

人気記事ランキング

ケース別「自己PR」例文集

神経質、自信がない、疑り深い…【短所を長所に 介護職の自己PR】例文集

2017年9月14日

自己PRは、採用担当者の視点を意識し、できるだけ具体的な内容を記入することが大切です。
今回は、神経質、自信がない、疑り深い、ネガティブといった短所を長所に変える自己PR例文をご紹介。
マイナスに感じている自分の性格を、プラスの要素としてアピールしましょう。文例をアレンジして、あなたらしい自己PRを作ってください!

→志望動機や自己PRの「基本の書き方」はこちら

 

注意:「貴社」と「御社」の使い分けについて
履歴書等に書く場合は「貴社」、面接等で話す時は「御社」と言うのが正しい表現です。
また、どのような法人であるかによっても使い分けがあります。一般企業の場合は貴社(もしくは御社)、社会福祉法人や医療法人の場合は貴法人(御法人)としましょう。

 

例文1.<神経質>細かな部分が気になる神経質な人のケース

周囲からは「細かいことによく気が付く」と言われます。利用者様のベッドのシーツのシワ、着衣の乱れも気になるので、配慮してケアしたところ「衣類がゴロゴロせず快適に眠れる」と喜ばれたことがありました。
スピーディなシワのないベッドメイキングや整理整頓、施設内の清潔を保つことには自信があるので、ぜひ貴ホームでも利用者様のために役立てていきたいです。

 

例文2.<自信がない>自信がないからこそ、勉強熱心な人のケース

仕事に対しては真摯に取り組みますが、なかなか自信が持てない部分もあります。利用者様・ご家族様、職場の先輩方からの意見を参考にする一方、積極的に勉強会に参加するなどもして、学ぶことを続けてきました。
アドバイスを素直に聞けること、学習する意欲には自信があります。新しい環境でもこの気持ちを大切に、仕事に取り組みたいと思います。

 

例文3.<疑り深い>目の前の事実が正しいか確認を怠らない人のケース

利用者様が薬を飲んでいないのに「飲んだ」と言ったり、元気そうにみえても無理しているのを発見することが得意です。とはいえすべて疑いの目で見ている訳ではなく、利用者様の性格をつかむため、コミュニケーションも大切にしています。
貴ホームでも、利用者様が真に何を考えているのかを引き出せるようなコミュニケーションと観察を心がけ、利用者様が安心して過ごせるように努めます。

 

 

 

例文4.<ネガティブ>物事を悪い方に捉えてしまうネガティブな人のケース

物事をネガティブに捉えてしまう性格のせいか、「もしも悪い状況になったら」「こんなトラブルの可能性もある」と、先手を打って仕事ができるのが私の強みであると思っています。
前職の一般事務で培った、パソコンの作業やファイリング、電話対応などのスキルにも自信があります。予期せぬ事態が多い介護の世界で、先を読む力を発揮していきたいです。

 

例文5.<おせっかい>よかれと思い、ついおせっかいを焼いてしまう人のケース

人のために行動することが好きです。介護の仕事でも、つい世話を焼き過ぎてしまうこともありますが、「細かいことに気づいてくれる」と利用者様に喜ばれることもよくありました。
利用者様が困っている状況などにもすぐ気づくこともできるため、貴施設でもこれまでの経験を活かし、利用者様をサポートしたいと考えています。

 

例文6.<詮索好き>利用者様に突っ込んだ質問をしてしまう人のケース

利用者様との会話が大好きで、コミュニケーション力もあると自負しています。利用者様をよく知りたいという思いから、時には突っ込んだ質問をしてしまうこともありますが、「よく話を聞いてくれた」「話せてすっきりした」と言われることもありました。
利用者様の好みやご家族との関係もできるだけ把握し、一人ひとりに合わせたケアを行っていきたいと思います。

 

 

 

例文7.<他人に厳しい>自分にも他人にも厳しい人のケース

他人に厳しく、自分自身にはもっと厳しい性格です。利用者様に対しておざなりな対応をしている職員には、つい口を出してしまうこともあります。ですが、気のゆるみが大きなミスにつながる介護の現場では、この性格はプラスに働くと感じています。
大規模で利用者様が多い貴ホームでも、この責任ある仕事への姿勢を貫いていきたいと思います。

 

例文8.<心配性>慎重すぎるほど確認をする人のケース

慎重な性格なので、食事内容や人数の確認など、気になることはしっかり確認をするようにしています。「慎重すぎるのでは?」と言われることもありますが、これまでも事前にしっかり確認することで、ミスを防いだ事例がありました。もちろん時間のロスにならないように、時間配分も意識しています。
貴ホームでもこの慎重さを武器に、利用者様のケアに当たってまいります。

 

例文9.<八方美人>愛想がよく誰とでも仲良くなれる人のケース

「話しやすい雰囲気」と言われることも多く、誰とでもすぐ仲良くなれるところが私の長所です。時には「誰にでもいい顔をする」と言われてしまうこともありますが、それは多くの利用者様と接する介護の仕事ではプラスに働くと考えています。
前職は接客の仕事をしていたため、人の顔や名前をすぐに覚えるというスキルも身に付きました。大規模型の貴施設でもお役に立てると思います。

 

例文10.<落ち込みやすい>失敗やミスに落ち込みやすい人のケース

失敗やミスがあると、その原因をとことん追求するタイプです。落ち込んでしまい、気持ちの切り替えがなかなかできないこともありますが、「なぜ失敗したのか」「どうしたらミスを防げるか」と考え、次につなげていくことを心がけています。
二度と同じミスを繰り返さないことはもちろん、失敗から多くを学び前進できたと自負しています。貴ホームでも力を尽くせるよう頑張ります。

 

 

 

*多数の自己PR例文を、以下のページでご紹介しています!

・素直、忍耐力がある、几帳面などの 【性格タイプ別】
・介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ・ヘルパーなどの 【資格別】
・40代・50代・60代などの 【年代別】
・優しい・盛り上げ上手・高齢者が好きなどの 【性格タイプ別】
・この経験を活かして貢献できます! 【職歴別】

もっと見たい方はこちら→「自己PR」 例文集 一覧ページ

*ほかに、こちらのページも転職活動の参考になります!
→「志望動機」例文集 一覧ページ
→こんな職場とは思わなかった!「転職先選び」失敗談 一覧ページ
→履歴書・職務経歴書・面接… 「転職活動」の失敗談 一覧ページ

 

>●○● 採用担当者は、自己PRをどう見ている?生の声を取材しました! ●○●

事業者の採用担当者は、応募者の自己PRをどのように思っているのでしょう?
介護求人ナビ編集部が取材した採用担当者へのインタビューで、参考になる記事のリンクをご紹介します!

●ケア21 駒澤琢磨さん・高倉仁恵さん
→“楽観的”であることは、弊社に限らず介護の現場で働く上で重要なポイント。『本来の性格が楽観的でなければ向いていない』ということではなく…

●株式会社フィルケア 住吉正幸さん
→服装や挨拶でどんなに素晴らしい第一印象を与えても、どんなに話の内容が立派でも、面接のあいだ終始無表情の人を採用するか?と問われれば、それは難しい…

●日本エルダリーケアサービス 江川さん・岸さん
→面接でよく見受けられるのが、できないことを『できる』と言ってしまうケースです。できないことがあるのは、それ自体が悪いわけではありません…

●いきいきらいふ代表取締役 左さん、管理本部長 中尾さん
→面接は自分をアピールする場なので、そこで良い印象を残せるかということは、お客様に会ったときに良い印象を残せるかということと一緒だと思う…

 

>●○● 自己PRでの、悔しい失敗談 ●○●

人のふり見てわがふり直せ。
先輩たちの自己PRにまつわる転職の失敗談をご紹介します!

●【転職活動の失敗事例】「こんなところにも落とし穴が」編…履歴書の失敗
→〈事例1〉自己PRをちょっと「盛った」ら、大変なことに~前職では感染症対策リーダーのお手伝いをしていたんです。でもそれじゃ弱いかなと、履歴書には…

●【転職活動の失敗事例】「基本をおさえておけばよかった」編…履歴書の失敗
→〈事例3〉オリジナルの履歴書でアピールしようと思ったのに~自分をアピールしたいと思ったのでオリジナルの履歴書を作ったんです。項目も自分の強みが…

●【転職活動の失敗事例】「やる気が空回りしてしまって」編…面接の失敗
→〈事例1〉一方的に自分をアピール。20分間の熱弁は逆効果だった~面接で職歴について聞かれた時、アピールしたい気持ちが強すぎて、ついつい…

●【転職活動の失敗事例】「面接官から質問への対応」編…面接の失敗
→〈事例1〉謙遜したつもりが裏目に。スキルがないと思われた~面接で「認知症の利用者様への対応も大丈夫ですか?」と聞かれた時、つい…

●【転職活動の失敗事例】「応募フォームの注意点」編…求人サイトから応募
→〈事例1〉応募フォームの自己PR・質問欄に何も書かずに応募~必須にはなっていなかったし、特に事業者に質問も無かったので、空欄のまま…

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > ケース別「自己PR」例文集 > 神経質、自信がない、疑り深い…【短所を長所に 介護職の自己PR】例文集