メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

8月30日 今日は何の日 | 雑学とクイズで脳トレ・高齢者レク

8月30日は有吉忌

8月30日は、富士山測候所記念日、マッカーサー進駐記念日、ハッピーサンシャインデー、有吉忌(有吉佐和子の命日)です。

今日は何の日?365日の雑学をお届け!
毎日の脳トレや、高齢者向けレクリエーションに使えます。デイサービスなどの介護施設でのレクネタにもぜひ活用してください!

8月30日は何の日?

●富士山測候所記念日
1895年8月30日に富士山頂に野中測候所が開設されたことから。
●マッカーサー進駐記念日
1945年8月30日にマッカーサー元帥が厚木飛行場に到着したことから。
●ハッピーサンシャインデー
「ハッピー(8)サンシャイン(30)」の語呂合わせから。
●有吉忌
小説「恍惚の人」で知られる有吉佐和子の命日

高齢者を取り扱った小説や映画 5選

1972年に出版された有吉佐和子の「恍惚の人」は、認知症高齢者や介護問題にスポットを当てた小説です。
この小説がきっかけで認知症や高齢者介護に注目されるようになり、当時話題となりました。

家族の介護をしている人、介護の仕事をしている人には身近なテーマかもしれませんが、実際に介護の現場を知らない人にはなかなかイメージしにくい「介護」や「認知症」の問題。
小説やマンガ、映画などでも取り上げられています。

●小説『恍惚の人』有吉佐和子
1972年出版。1973年に映画化。
認知症介護を取り扱ったパイオニア的存在の作品。認知症の症状が見え始めた主人公・立花茂造と、自宅で介護を続ける家族のお話です。

●エッセイ漫画『ペコロスの母に会いに行く』
2012年出版。2013年に映画化。
岡野雄一氏によるエッセイ漫画。介護の当事者による実母の介護経験が元になっています。

●映画『ケアニン』
2017年公開。
高校卒業後、なんとなく介護の仕事を始めた新人介護福祉士の大森圭の物語。介護施設で働くことになった圭が、認知症の高齢者のケアをしながら悩みつつも真剣に仕事に向き合うようになる成長物語です。

●マンガ『わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし』
2018年出版。
マンガ家ニコ・ニコルソンさんがアルツハイマー型認知症の祖母と過ごした日々を描いた実話コミック。介護を受ける祖母と介護をする母を、孫娘の視点から描いています。

●エッセイ『いつでも母と』
2020年出版。
松本清張賞作家の山口恵以子さんによる、最愛の母の認知症発症から看取りまでをつづった心温まるエッセイ。

介護のリアルな部分が描かれている作品が多いですが、どれもが家族の温かみが感じられる作品となっています。

「介護あるある」をマンガで!

介護福祉士のマンガ家・國廣幸絵さんによる「介護あるある」を描いたマンガを公開中です!

エアコン嫌いの高齢者を手なずけた秘策とは?
高齢者はなぜエアコンが嫌いなの?熱中症予防で冷房を入れようとしても頑なに拒否する利用者さんが、ある言葉であっさりエアコンを付けた…!一体どんな秘策が?

介護施設での「利用者さんへのやさしいウソ」
高齢者のお世話をする「介護士」の仕事。時にはウソをつかなければいけないことも…。介護施設で働く介護士のトモさん・健太さん・ユミさんの3名が、利用者さんに思わず言ってしまったウソとは?

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー