転職の面接では、自分のやりたい介護をはっきり伝える!~転職体験Jさん4 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 転職の面接では、自分のやりたい介護をはっきり伝える!~転職体験Jさん4

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

転職「成功・失敗」体験談

転職の面接では、自分のやりたい介護をはっきり伝える!~転職体験Jさん4

2018年8月1日

◆介護付き有料老人ホーム(正社員) → 小規模多機能型居宅介護事業所(正社員/常勤→非常勤)

J・Fさん(女性・36歳)
●介護付き有料老人ホーム(勤務期間:4年5ヶ月/月給手取り約22万円/ボーナスあり)
●小規模多機能型居宅介護事業所(勤務期間:1年/月給手取り約22万円/介護福祉士手当・ボーナスあり)

介護業界でのその他経験:デイサービス
保有資格:介護福祉士
家族構成:長女、長男

*J・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

【仕事探しの視点】知らない土地で仕事を探すときのポイント

インターネットを最大限利用する

私はもともと東京の有料老人ホームで介護職として働いていましたが、Iターンで転職活動をしました。
引っ越す前に遠隔地の仕事を探すときには、インターネットを活用するのは欠かせません。
求人サイトで地域を限定してクリックするだけで、求人の状況がわかるから、とても便利でした。

また、個別にそれぞれの介護事業所のホームページをチェックすることも大事だと思います。
施設の写真も掲載されていると、事業所の雰囲気がつかみやすいです。
理念などが書いてあるところは、じっくり読んで、事業所の姿勢などを理解するようにしていました。

地域のハローワークは個々の老人ホームの評判も知っている

実際に引っ越してからは、ハローワークでも話を聞いてみました。
地域のハローワークでは顔なじみの企業も多いようで、それぞれの求人先の評判とか内情を知っている場合が多いです。
そんな中で、「評判がいいですよ」と紹介してもらったのが、最初に勤務したデイサービスでした。ただ、「評判がいい」の意味をもっと確かめればよかったなと少し後悔しました。
自分がどんなふうに働こうと思っているのか、どんな職場なら合っているのか、よく考えておくべきでした。

 

【面接の受け方】自分のやりたい介護について、きちんと考えきちんと話す

採用してほしくて、自分を実際以上に「いい子」にして面接を受けてしまうと、あとで苦しくなります。
自分のできることとできないこと、やりたいこととやりたくないことは、ある程度はっきりさせてから面接に臨みました。

デイサービスに就職したときは、経営者はじめ、介護スタッフの知識や技術のなさがとても気になりました。そこで働く人たちは別に介護の仕事でなくてもよくて、「そこに仕事があったから来た」と言うような感じでした。
それが不満でやめてしまったのですが、結局は自分がいけなかったのかな、と。
入職する前に「自立支援や尊厳を大事にする介護がしたい」などと、はっきり言わなかったから、自分に合わない環境で働くことになったのだな、と後悔しました。

「お給料は●万円以上ほしい」「夜勤をやりたくない」「日曜日は休みたい」など、それぞれに希望があると思います。
なんでもかんでも要求しても無理ですが、「これだけは外せない」という希望はしっかり伝え、それが叶うところに就職しないと、結局はやめるハメになる。それが私の教訓です。

 

【介護の仕事の理想】利用者さんにバリアを超えて楽しんでもらいたい

介護の仕事は、日常を暮らしにくいハンディキャップがある人のケアをする、というのが基本かもしれません。
そんな中、ハンディキャップがある人でも、それを感じさせないような生活を送るためのケアやサポートをするのが、私の理想です。
車いすユーザーの方でも、どんなところにも遊びに行ける。
段差があったり、でこぼこ道だったりしても、その道のりの先に行きたいところがあるなら、支援したいと思っています。

日常の業務の中でも、そんな介護を目指していますが、業務を超えて、このことを実践したいと思い、地域課題解決のボランティア活動をここ数年続けています。
介護を極めようと思ったら、ただ自分の事業所の利用者さんだけに目を向けるのではなくて、地域全体に目を向けるべきだと思ったのです。
地域の人たちが「やりたいことができる」社会であるように、ユニバーサルフィールドを作りたいと思っています。

今所属している会社の社長は、そんな私の希望をよく理解し、応援してくれています。
「がんばって、地域をよくしてください」と励ましてもくれます。
職場に恵まれているな、と思っています。
これも、社長と腹を割って話をしてから入職したおかげかな、と思っています。
職場の上司などと、「よい介護とは何か」というような話を、嘘をつかずに言い合えるような関係づくりができれば、介護の仕事のやりがいを感じられると思います。

 

【仕事以外の活動にも注力】ユニバーサルフィールドを作りたい

地域で暮らす車いすユーザーを支援したい

車いすの移動介助をしていると、街の中には段差が多く、車いすでは簡単には行けない場所が多いな、と感じます。
でも、すべての段差をなくし、広い通路を作って舗装する、なんてことは不可能ですよね。
それなら、段差を感じさせない車いすに利用者さんを乗せて、ハンディキャップを超えていけばいい、という発想が、活動を始めたきっかけになりました。

市販の車いすでも、段差を楽々超えられるものが出ています。そういう優秀なツールを使って、不便さを乗り越えていってもらおう、と考えました。
実際、うちの事業所や地域のボランティア活動では、今、段差が乗り越えられる車いすを3台ずつ確保しています。
地域でのイベントに参加したいけれど、会場の地面にでこぼこや段差があるから行けない、と思っている車いすユーザーには、イベント場所の近くまで来てもらって、私たちの車いすに乗り換えてもらって、イベントを楽しんでもらっています。

活動の仲間が増え、地域に支援の輪をもっと広げるために

地域での活動の仲間も増え、みんなボランティアで参加してくれています。
私たちの団体の支援を利用したい方はSNSでエントリーしてもらい、その人数にあわせて、ボランティアが手を挙げて手伝ってくれています。
こうした活動を、地域でできることの幸せと手ごたえを感じています。
観光地だからこその支援。これを続け、他の地域にも広がって行けばいいな、と思っています。

介護の資格があればどの地域で働いてもいい、と思っていたけれど、今はこの地域で働きながら、地域課題を解決する活動をまだまだ続けていきたい。
そして、住んでいるこの地域を、障害や高齢を超えてみなさんに楽しんでいただけるよう、もっといろんな工夫をしていきたいと思っています。

<三輪 泉(ライター・社会福祉士)>

 

*J・Fさんの「転職 成功・失敗 体験談」…1回目2回目3回目4回目(最終回)はこちら

 

●○● 介護業界で転職する時の 基本ノウハウ ●○●

bn_rirekiS bn_shokurekiS bn_mensetsuS bn_prS bn_qaS

 

 

介護求人ナビの求人数は業界最大級! エリア・職種・事業所の種類など、さまざまな条件で検索できます
kaigo-kensaku

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  就職・転職ノウハウ > 転職「成功・失敗」体験談 > 転職の面接では、自分のやりたい介護をはっきり伝える!~転職体験Jさん4